コロナ禍で苦境にあえぐアパレル業界にありながら、快進撃を続ける作業服大手のワークマン。その経営手法は独特だ。「全社目標を定め、各人に落とし込み、期限までにやり切る」といった多くの企業がしていることをせず、10期連続最高益の達成を見込むという。

 なぜワークマンではこうした“非常識な経営”を実践するのか。改革を先導した土屋哲雄専務のインタビューからその秘密を探る。まずは大成功した新業態「ワークマンプラス」までの道のりを振り返ろう。

飛躍の原動力になった「ワークマンプラス」。 写真は、路面店1号店の川崎中野島店(川崎市)
<全体の目次>
5分で分かるワークマン 商品はそのまま、見せ方を変えて客層拡大

土屋専務インタビュー(前編)「経営者が真面目過ぎるから失敗する」(3月10日公開)
土屋専務インタビュー(後編)「社員にストレスを与えないことが永続の条件」(3月11日公開)

作業服業界で40年にわたり、トップを走り続けてきたワークマン。ニッチ市場での堅実な歩みから一転、ここ数年急カーブで成長。創業から、新業態「ワークマンプラス」までの道のりをまとめた。

「低価格」と「高機能」を武器に作業服専門チェーン、ワークマンの快走は続く。

 2020年3月期のチェーン全店売上高は1220億円(前期比31.2%増)、経常利益207億円(同40.1%増)、純利益134億円(同36.3%増)。今期、純利益ベースで10期連続最高益を見込む。コロナ禍でも客数は2ケタ増。すべての都道府県で既存店売上高は前年を上回る。

新業態で一般客を獲得

 飛躍のきっかけとなったのが新業態の「ワークマンプラス」だ。18年9月、東京都立川市に1号店をオープン。一般客向けのアウトドアウエアをメインに扱う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1075文字 / 全文1772文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。