そこまで言い切る野球指導者も珍しいのでは。まして高校野球の強豪校を率いているのに。

佐々木:筋肉は年を取れば落ちますが、知識や知恵は一生使えます。だから私は、野球部員に勉強の成績も厳しく問うし、人として正しい考え方を持つようにしっかり育てる。そうすれば「我が子を花巻東の野球部に入れたい」という親が増えるはずだと考えました。

 最初に取り組んだのは企業に求められる人材をつくることでした。「佐々木の教え子は出来がいい」と信頼されるようにならないといけない。野球部員を教育し、一方でたくさんの企業経営者に会い、私自身を売り込みました。無理して地元で一番いいすし屋のカウンターに座り、そこに来る経営者の方たちと面識も持った。

 大学進学率も上げました。その頃、学校が特別進学クラスを設け、私の何倍もの給与待遇で新しい教師を招いた。悔しくてね。「特進クラスより先に野球部から東京六大学や国立大学に行くぞ」と部員にハッパを掛け、実現しました。

 花巻東の野球部に行けば、地元のいい会社に就職できる。希望する大学にも行ける。社会人や大学で野球を続けることもできる。出口戦略に力を入れると、人が流れ出しました。野球のうまい子が入部するようになった。

ゴールから逆算する

具体的に生徒をどう教育すると、野球がうまくなり勉強もできるようになるのですか。

佐々木:目標達成の方法を教えました。一人一人に高いゴールを設定させる。そこから逆算し、今日何をすればゴールに近づけるかを考えさせるのです。

 朝8時から30分間をそれ専用の時間に充てています。大会優勝や大学合格などの目標を見据え、昨日の反省点と改善点、今日の目標と決意、やることとやらないこと、「今日のライバル」は誰か、などを一人一人に記入してもらう。

 記入用紙は「練習哲学」から始まる「Hanamaki Higashi Baseball team Philosophy(花巻東野球部フィロソフィ)」という冊子に挟んでいます。冊子は毎年4月の新学期が始まるタイミングで野球部全員に配布します。

 がむしゃらに頑張るのではなく、日々何をどう頑張るのかという意識をはっきり持つことで、目標に確実に近づいていく。そのツールがフィロソフィです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り848文字 / 全文3144文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「中小企業も無視できない経済安全保障の最前線」

■開催日:2022年9月27日(火) 15:00~16:30(予定)
■テーマ:中小企業も無視できない経済安全保障の最前線
■講師:細川昌彦氏 明星大学経営学部教授
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版有料会員あるいは日経トップリーダー購読者は無料で参加できます(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。