後を継いだ居酒屋の借入金は40億円。15億円の債務超過で倒産してもおかしくない会社を見事に立て直し、借入金を完済した経営者が自らの経験に基づき、心が折れずに復活したかを赤裸々に語る。今回は「経営計画発表会」の際のつまづきがテーマ。全社員を前に社員が輝く会社にすると宣言したにもかかわらず、トップ自身の経営へのモチベーションが低下していく。借金返済が進み、経営が安定して手厚くなった内部留保。そこに落とし穴があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2421文字 / 全文2449文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。