生産性は、能力 × 時間 × パフォーマンス(やる気、仕事の前向き度)で表すことができると、『サイエンスドリブン』の著者、梅本哲氏は言う。能力はおいそれと上がらず、今は長時間労働も難しい。ならば、生産性を向上するにはパフォーマンスを高めるのが近道。精神論ではなく、科学的根拠に基づいて、パフォーマンスを「見える化」し、人材を適切に配置する。そのための効果的ツールを活用事例とともに紹介する。

 パフォーマンスを向上させるには、今のコンディションを正しく把握する必要がある。そこで役立つのが、ストレスや心の状態を客観的に測定するツールだ。

 組織や社員のコンディションを見える化するサーベイツールは年々進化している。そのきっかけになったのは、2015年12月から常時50人以上の従業員がいる事業者に義務づけられた「ストレスチェック」だ。厚生労働省は「職業性ストレス簡易調査票」(57項目)を提供しているが、ただこれについては課題も少なくない。

 まず、わずか年1回程度の定性的な調査によるデータだけでは、従業員の日々の変化を正確に把握することは難しい。

 次に、「回答が人事評価に影響するかもしれない」と考え、従業員が正直に答えないケースがある。回答した場合でも、自分自身の認識がずれていることがある。本人がストレスを過小評価したり、自覚していなかったりすると、正しい結果は得られない。ストレスチェックは自己記述式のアンケートのため、どうしても主観に左右される。

主観と客観のギャップを正す

 主観と客観のギャップをどう正すか。この課題をクリアしようと、記入者本人の意思が入りにくいものや、睡眠時間を聞くなどできるだけ定量的な情報を得ようとするツールが新たに登場した。

 最近は、さらにうそやごまかしの利かない生体情報を活用して客観評価を高める仕組みもある。

サーベイツールの変遷
サーベイツールの変遷
*DUMSCO提供の資料に基づき、編集部で作成

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6570文字 / 全文7412文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。