2024年度からの新紙幣で1万円札の顔になる渋沢栄一。渋沢は著書『論語と算盤』で「道理と利益は必ず一致する、そうでなければ永続することはできない」と説いた。東芝で再び不適切会計が発覚するなど、コーポレートガバナンスが問われる中、渋沢的な経営を見直すべきときが来ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1747文字 / 全文1760文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。