採用余力がある中小企業にとって、今は人材の質と量を高める絶好の機会だ。しかし、言語化できない選別眼や直感に頼る採用手法は運を天に任せるようなもの。本特集では試験方法や情報開示の内容など、再現性の高い採用戦略を紹介する。

(写真/PIXTA)

<特集全体の目次>
●採用面接慣れしている学生に出し抜かれないためには?
●「粘り強く相手を説得できる」人材を見抜く採用手法とは?
●お手製の難問で、高度な数学力を持つ人材を選抜する理由
●営業先は保育園。子供への共感力や想像力を見極める面接とは
●部門利益から懇親会の頻度まで面接前に開示、8年間内定辞退ゼロ
●1次面接から社長と1対1で90分、社風を伝えて採用のミスマッチ防ぐ
●ネッツトヨタ南国 横田英毅相談役「逆境に立ち向かう力は人だけが持つ」


粘り強く相手を説得できる人材を見抜くためには?
メトロール(東京都立川市)


(イラスト/PIXTA)

 精密位置決めスイッチ製造のメトロール。社員は100人ほどだが、高い技術を武器に大手製造業の顧客相手に高い利益率を誇り、海外展開も進める。人材は大学新卒中心だ。

 松橋卓司社長が採用で意識している点の1つは、「社内での出世や成功を最優先」という価値観が強過ぎる人の排除にある。一見すると仕事熱心だが、自分中心の考えではチームは回らない。部下に仕事最優先を強制するのは困難だ。

松橋社長は、個人としての能力は抜群でも協調性のない人材は会社に入れない。チーム力に基づくイノベーションや生産性向上を重視している(写真/菊池一郎)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1483文字 / 全文2046文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。