白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 2020年のプロ野球日本シリーズで、読売ジャイアンツは福岡ソフトバンクホークスに4連敗しました。

 メディアや評論家はいろいろな敗因分析をしましたが、私は、能力の差ではなく、意識の差が歴然としていたことに尽きると見ています。特に両チームの主軸選手に、その差が見て取れました。

 例えば、声の出し方。ホークスの主軸選手たちは、ベンチで一番声を出していました。かたや、ジャイアンツの主軸選手は、自分の調子が悪かったせいか、ベンチで落ち込んだ表情をしていました。

 チームを率いる立場にある人は、自分の成績がどんなに悪くても、チームのムードを盛り上げなくてはいけません。ホークスの主軸選手は、その役割をよく分かっていました。普段から、そうした役割を意識して試合をしているのでしょう。この差は大きい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り899文字 / 全文1251文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。