事業環境が大きく変わる中、新規事業を模索する中小企業経営者が増えている。頭を軟らかくするヒントをスタートアップの発想に学ぼう。キャディ(東京・台東)は、製造業が部品などを外注する際、発注元と受注元の双方にメリットが得られる新しい受発注のプラットフォームを運営する。外注先に値引きを迫る古い関係を改革できるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1614文字 / 全文1631文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題