1日100食の限定で、ランチタイムだけ営業する「佰食屋(ひゃくしょくや)」を展開するミニッツは、50食完売で利益を出せることを目指す新業態「佰食屋1/2」を立ち上げた。従業員は5人から2人に。従来より少ない売り上げで利益を出せる経営にシフトする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1478文字 / 全文1494文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。