飲食店チェーンの経営を手がける湯佐和の湯澤剛社長は、就任時に40億円あった借入金を完済して自力再建を果たした。再建の途上で湯澤社長は利益至上主義に陥って、逆境を招いた。利益至上主義からの脱却を目指すも、理念経営が理解できない。中途半端なスタンスの中、2つの大きな出来事に遭う。果たして今度こそ、理念経営への到達はできたのか──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2065文字 / 全文2090文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。