自国第一主義

『メルケル』
著者:カティ・マートン
出版社:文藝春秋
価格:2475円

 ベルリンの壁の崩壊を機に35歳で政治家へ転身し、ドイツ初の女性首相に上り詰めたメルケルの評伝。東独出身、女性、物理学者と政界では異端の存在ながら、なぜ16年間、権力を握り続けられたのか。リーダーの不屈の精神を学ぶ。

利益イノベーション

『収益多様化の戦略』
著者:川上昌直
出版社:東洋経済新報社
価格:2860円

「利益は売り上げからコストを引いた単純な残余ではない。利益から逆算してビジネスモデルを再定義せよ」と著者は説き、新たな収益化モデル体系を提案。「誰に」「何に対して」「いつ」課金するかの組み合わせがポイントという。

理論と実践

『ニューノーマル時代の経営学』
著者:森泰一郎
出版社:翔泳社
価格:2420円

「新規事業の成功要件とは」「フラット型組織やダイバーシティは業績向上につながるか」など経営に関わる問いを世界最先端の経営理論で解き明かす。経営の前提条件の見直しが必要な今、新時代の指針や裏づけとして役立つ。

本ページで紹介している書籍の価格表記はすべて、消費税10%込みの金額です。

(この記事は、「日経トップリーダー」2022年1月号の記事を基に構成しました)

経営者として、さらなる高みを目指すなら――
中小企業経営者の成長を約束する会員サービス「日経トップリーダー」でお待ちしています。月刊誌「日経トップリーダー」、人数無制限のウェビナーをはじめ、社長と幹部の学びの場をふんだんに提供します。


この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

稲盛和夫氏の書籍を続々刊行

■『経営12カ条 経営者として貫くべきこと

 実践のなかから生み出された経営の要諦である稲盛和夫氏の「経営12カ条」。その真髄をあますところなく語った書籍『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)がついに刊行。

 『稲盛和夫の実学』『アメーバ経営』に続く「稲盛経営3部作」、ここに完結。


■『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって登場。