今回は新春特別企画として、本誌読者の経営者・経営層の皆様にアンケートをお願いして、その結果を踏まえて記事をまとめました。既存事業への危機感、人手不足に対する実感、賃金アップへの考え方、経営者自身のメンタルケア、今後の経済の行方……。ほかの経営者の方はどう考えているのか。それぞれ、今後の対策を考えるきっかけになれば幸いです。

・会社の将来 9割が既存事業に危機感 4割は後継者が「いない」
・経営者の状態 「深い悩み」を相談できる人がいるか(1月13日公開)
・経済環境 首相の新資本主義には「?」 経済再成長に必要なこと(1月14日公開)
調査概要「中小企業経営者『本音』アンケート」。2021年11月30日~12月13日の期間、インターネットで日経トップリーダーのメルマガ読者(経営者、経営層)を対象に調査。有効回答数は55。回答者で多い業種は、建設業(20%)、製造業(26%)、その他サービス業(22%)。特集内のグラフ数値は、小数点1位を四捨五入したもの。


会社の将来
9割が既存事業に危機感 4割は後継者が「いない」

コロナ禍以降、経済環境は劇的に変化した。その変化に合わせて事業転換を進めている企業も少なくない。そこで、「会社の将来」に対する質問を投げかけてみた。

(写真/PIXTA)
(写真/PIXTA)

 新型コロナウイルスの感染拡大から1年半以上が経過し、国内はやや落ち着きを見せてはいるものの、予断を許さない状況は続いています。業績が戻らない企業も多く、「事業転換を急ピッチで進めている」という声もよく耳にします。

 そこでこのパートでは「会社の将来」について、経営者の皆さんの本音を聞いてみました。

次ページ 既存事業に9割が危機感