全7373文字

価格が安い、売り先が限られているなど不動産会社が扱いにくい空き家などを、オーナーと購入したい個人が直接商談、決まれば仲介するという事業を立ち上げ、徐々に取引数を伸ばしている家いちば(東京・渋谷)。オーナーと潜在顧客の出会いの場を “売ります買います掲示板”としてネット上に用意、その気軽さが受けている。使われない不動産のオーナーが入れ替わるだけで資産が生き、地域も潤うという仕組みづくりに懸ける思いを聞いた。


事業内容を教えてください。


藤木哲也氏(以下、藤木):活用されていない空き家や空き地、いわゆる遊休不動産を売買するサイトを運営しています。不動産情報サイトには、不動産会社が広告を出す「SUUMO」や「アットホーム」などがありますが、これらとは根本的に異なります。

 公共施設などに、不要になったものを個人が売りものとして張り出す掲示板がありますよね。家いちばで扱うものは不動産に限っていますが、これと同様の掲示板をネット上に用意しているのです。それを眺めて興味を持った方が、掲示した人に直接問い合わせてもらう。そういう仕組みです。

藤木哲也(ふじき・てつや)
家いちば株式会社代表取締役CEO。1993年、横浜国立大学建築学科卒。ゼネコンで現場監督、建築設計事務所で設計、住宅デベロッパーを経て、不動産ファンド会社にて不動産投資信託やオフィスビル、商業施設などの証券化不動産のアセットマネジメントに携わる。豪ボンド大学提携のビジネススクールにてMBA(経営学修士)を取得後、2011年に家いちばの前身となる不動産活用コンサルティング会社、エアリーフローを設立。15年に「家いちば」サイトをスタート、19年、家いちば設立(写真:清水真帆呂)

 空き家だけに特化しているわけではないのですが、結果として空き家が多く掲載されているのは、私たちのサービスが空き家の特質とマッチしているからです。

 通常、不動産は不動産会社に相談しないと売却できません。個人では、SUUMOのようなサイトに物件情報を掲載できないからです。ところがこのようなサイトでは、不動産を掲載する際に物件を選んでしまうのです。

 例えば「これは売れませんよ」とか、「更地にしたほうがいいですね」「家財の片付けくらいはしてください」と、事前に売れないと判断されたり、売れる条件を整えるようにアドバイスされたりするわけです。

 物件を売ろうと思えば、このアドバイスは正しいのです。ところが、片付けをするにしても専門事業者に依頼すれば作業代が何十万円も掛かります。なので、売り主は急いで売る必要がなければ、そこまでお金を掛ける気になりません。だから放置され、空き家問題が起こっています。

無条件であらゆる不動産を対象に


 家いちばでは、無条件であらゆる不動産を売買の対象にすることができます。雨漏りしていても草ぼうぼうでもいいのです。当社で掲載する物件を審査することはありません。

 このようなメッセージを明確に打ち出してみたところ、「それなら載せてみようかな」という方が大勢いて、この場に集まってきました。空き家に限らず、過疎地の郵便局のような、用途がなかなか思い付かないような物件もよく掲示されます。

 要は、不動産会社が売れない、売りにくいと言われる不動産ばかりを集めていたら、売れるようになったんです。今はそうした物件の駆け込み寺になっています。この構図はアウトレットモールに近いかもしれません。売れなくても季節外れでも、安ければ買おうかなという人が集まるのです。

 ちなみに廃虚のような物件も売れますし、“負動産”と呼ばれるようなバブル期のリゾートマンションも実はよく売れています。マスコミで言われていることと事実は意外と違っていたりします。