全3971文字

 こちらも異論がありましょうが、私の考えでは「商品に対する経営者の情熱」は、SNS時代にあって、ますます重要になっています。

 「SNS時代=PRの時代」と、しつこく主張してきました。情報があふれている今の時代は、「うちの商品、いいですよ!」と、自薦するのでは効果が上がりにくい。第三者に「この商品、いいね!」と、他薦してもらわないと、消費者の心を捉えられない。そして、第三者の推薦を得る活動とは、PR活動、ということです。

 そして、PR活動を成功させるには、PR担当者の資質と心構えが重要です。私の考えるに、2つの条件があります。

【1】自社の商品、サービスを心から愛していること
【2】自己開示が上手であること

SNS時代に問われる「商品への愛」

 PRとは、人の心を動かすこと。「この商品、いいね!」と、嘘のない本心から言ってもらわなくてはなりません。

 そのためにPR担当者は、SNS投稿の素材になりそうなコンテンツをつくって発信したり、ニュースリリースを書いたり、キーパーソンにアポをとってプレゼンしたりするわけですが、そこで必要なのは、文章が上手に書けるとか、流ちょうに話せるといったことではありません。

 まずは、自社の商品、サービスを深く理解し、愛し、魅力を熟知しているということ。PRする人自身が、商品に自信を持てなくては、その素晴らしさを伝えていくことができるはずがありません。

 そして、自分自身の心の中にある商品への愛情を伝える力。つまり自己開示のスキルが必要です。

 さらに遡って考えれば、PR担当者が商品やサービスを愛するには、経営者に情熱が必要です。経営トップがぶれないビジョンを持ち、情熱を社員に伝える。その情熱がPR担当者を通じて消費者に伝わったとき、息の長いクチコミが生まれ、ファンができるのだと思います。

 なので、冒頭のクイズの……

【C】商品に対する経営者の情熱

 は、SNS時代、ますます重要になる、と、私は考えます。

 
発売、即重版!『0円PR』好評販売中です

amazonランキング1位獲得! (「SNS入門書」部門、2019年12月12日)
発売1週間を待たずに重版決定しました。

なぜエアウィーヴは浅田真央さんに選ばれたのか――?

第1号正社員として、
5年で売上高115倍に貢献した著者が、 ロジカルでシンプルな、 セオリーとノウハウを説き明かす『0円PR』

満員御礼「PR塾」のエッセンスを、
ぎゅっと詰め込みました。

お金をかけて、
広告を出しても効きにくい今どきですが、 0円の「いいね!」を集める効果は絶大。

「いいね!」を集める活動=PR活動です。

PRのスキルがあれば、
お金をかけずに、 顧客に愛され、 売り上げを伸ばしていける。

熱いメッセージを込めて、実践的に展開します。