全5960文字

『起業の科学 スタートアップサイエンス』(日経BP)の著者でスタートアップ支援を手がける田所雅之氏と、『ザ・プラットフォーム』(NHK出版)、『アフターデジタル』(日経BP、共著)の著者でネットビジネスの現状に詳しい尾原和啓氏が、6月27日(木)に東京都内でトークイベントを開催。オンラインとオフラインが融合する「OMO」(Online Merges with Offline)時代のプラットフォームビジネスの今後について語り合った。前編となる今回は、ネットビジネスで勝ち続けることの重要性を探った。

田所:ビービットの藤井保文さんと共著の『アフターデジタル』で取り上げている、OMO(Online Merges with Offline)の考え方が注目を集めていますね。

尾原:実は、この会場に来る直前までLINEの事業戦略発表会の会場にいました。そこでLINEは「生活全体を支えるライフプラットフォーム企業になります」という宣言をしました。この「プラットフォームが社会全体を支える」という発想が、まさに『アフターデジタル』のメインテーマであるOMOの概念です。

尾原和啓(おばら・かずひろ)
1970年生まれ。京都大学大学院修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート、グーグル、楽天などで数々の事業を手がける(写真=菊池一郎、以下同)

田所:オンラインとオフラインの世界が別々に存在するのではなく、オフラインの世界も含め、世の中全体がオンラインと融合した社会に変わっていく。

尾原:はい。LINEは「Life on LINE」という表現を使いましたが、OMOはものすごいポテンシャルを秘めています。インターネットが普及して約30年、iPhoneが発売されて10年以上たち、世の中はそれ以前とまるっきり違うものになったと感じている人がほとんどだと思います。でも、実は革命が起きていたのはインターネットに関わる領域だけで、ネット経由の小売りなどを含めても世界の全市場の2割くらいにすぎません。

田所:つまり、残りの8割の市場は比較的昔からの原理のまま動いている。そこにイノベーションが起きると私たちの生活、そしてビジネスの世界にさらなる大変動が起きるということですね。

尾原:そういうことです。従来はO2O(Online to Offline)という言葉がよく使われていました。オンラインで欲望を喚起してオフラインで買ってもらうという概念です。ビジネスの基盤はあくまでもオフラインの世界で、補完的にオンラインの世界があるという考え方を前提にしていたわけです。

 しかし、今はオンラインとオフラインの境界線がなくなってきています。むしろオンラインがビジネスの基盤となり、拡張するオンラインプラットフォームがあらゆるリアルなビジネスを飲み込み、統合していく。これが元グーグル・チャイナの代表で、投資会社シノベーション・ベンチャーズを設立した李開復が2017年に提唱したOMOの世界です。

 具体例については『アフターデジタル』に詳しいのですが、米国や中国はすでにOMOが進んでいます。日本も20年から5G通信が始まり、あらゆるものが常にネットにつながった「コネクテッド」の時代に突入していきます。従来、ネットとは無縁だった生活シーンやビジネスのあり方が、オンライン前提でどんどん上書きされていくことでしょう。

田所:だからこそネットビジネスの原理を知っておくことは、どんなビジネスパーソンにとってもますます大事になっていくと。

尾原:そう思います。