全5080文字

この給料では割に合わない

 講演は、1959年の京セラ創業から約10年がたった頃の話から始まる。当時の稲盛氏の年俸は300万円にすぎなかったという。一方、京セラは数十億円の利益を出していた。そこで稲盛氏はふと、こんな思いに駆られたと告白する。

 「すべては私が持っていた技術だ。そして寝るのも惜しんで一生懸命に頑張り、数十億円の利益を会社にもたらしている。考えてみれば、どう見ても割が合わない。月給を1000万円もらっても、年間で1億2000万円だ。数十億円の利益は全部私がつくったものだから、そのくらいもらってもバチは当たらんのではなかろうか」

 ゴーン氏は間違いなく日産自動車復活の立役者だ。「自分がいなければ今の日産はなかった」という強い自負を持っていたとしてもおかしくはない。それはかつての稲盛氏においても同じだった。

 稲盛氏とて聖人君子ではない。会社の利益に比べれば自分の給料は安い、もっともらってもよいのではないかと考える、ごく普通の経営者だった。しかし、稲盛氏は行動に移さず、立ち止まる。その姿勢は株式上場時に、より顕著に表れた。

 京セラが大阪証券取引所二部に上場したのは1971年。主幹事の座を得ようと多くの証券会社が日参し、「創業者の稲盛さんには、何億円というお金が入ってきます。これまでの苦労が報われますね」と口をそろえて言った。しかし稲盛氏は、どこか釈然としないものがあった。

 「いつ会社が潰れるかもしれないと不安で不安で、必死に頑張ってきた私に、考えてみたこともないお金が入ってくる。年俸数百万円しかもらっていない私に、何億円というお金が入るという。人間、そちらのほうに心が向かないはずがありません。けれど、どうもおかしい、これは悪魔のささやきではなかろうかと思いました」

 悩んだ末、稲盛氏はキャピタルゲインを個人で得ることはしたくないと話した。どの証券会社の担当者も目を丸くし、「そんな経営者はいません」と反対する。ただ一人だけ「素晴らしい話です」と賛同した人がいた。稲盛氏はその証券会社に主幹事を任せ、京セラを上場させる。持ち株はただの一株も市場に出さなかった。

 経営者が株の売却益を得ることの是非はここでは問わない。ともあれ、大金を得ることで、自分が変わってしまうことを稲盛氏は極度に恐れたのである。「このときの決断が、私が人生を間違うことなく歩いてくることができた元になっているような気がします」と振り返っている。

 では、なぜ稲盛氏はそうした決断を下したのか。それは、上場前に読んだ、ある新聞記事が頭にあったからだという。女優の岸田今日子氏の寄稿コラムだった。