全2647文字

アセアン諸国で水平展開

 1年半をかけ発売にこぎつけたのが「SHALDAN Kawaii Plus」です。香りは虫除け効果のあるハーブの一種、シトロネラを配合した香料を使用し、タイ人好みのローズやラベンダーなど5種類を用意。また、販促ツールにはマンガのキャラクターを使用するなど、日本文化を感じさせる工夫をしました。

 発売から約半年。18年3月初旬にタイを訪れると、販売店の方から「入荷後すぐに棚が空になった」という、うれしい報告を受けました。

 このヒットをきっかけに「SHALDAN」ブランドを確立すべく、次の新商品の発売準備にも入っています。

 タイでの成功モデルを水平展開したい。その役割を担うのが16年に立ち上げた海外事業部です。

 私が海外事業で心がけているのは、ビジネスではごく当たり前のPDCAです。タイでは調査を基に仮説を立てて実行。その結果を評価し改善を加えたら、ヒットが生まれました。今後は、海外事業部が世界各国にこの開発プロセスを移植します。

 エステーの海外売上高比率は18年3月期で7.2%とまだまだ低く、ここに伸びしろがあるのは確実。なおかつ、国内人口の減少を考えれば、ここを伸ばせるかどうかに会社の未来はかかっています。目下の目標は海外売上高を10%にすることですが、マイルストーンにすぎません。その先、果てしなく広がる巨大市場に向けて挑戦していきます。

(構成:福島哉香、この記事は、「日経トップリーダー」2018年4月号に掲載した記事を再編集したものです)

「日経トップリーダー大学」第7期が4月から開講します

毎月1回、計12人の経営者が登壇し、自身の経験を通じて体得した経営の要諦を語る通年セミナー「日経トップリーダー大学」第7期が4月から始まります。

「より深く学び、より広く体験する」をテーマに掲げ、トップの講演・質疑応答はもちろん、受講生同士のディスカッションや年4回の現場視察(企業訪問)を用意しています。特に現場視察は、函館エリアで無類の強さを誇るハンバーガー店チェーン「ラッキーピエロ」創業者の王一郎会長の講演や店舗視察など盛りだくさんの内容です。

経営力を高め、景気の波などの外部環境に左右されない強い企業をつくりたいと真剣に考える中小企業経営者のための年間プログラムです。本講座の詳細をご覧の上、ぜひ参加をご検討ください。