上田準二さんの「お悩み相談」。今回の相談は夫婦そろって在宅勤務になった49歳の男性から。料理好きな妻から「何を食べたい?」と聞かれるとたまに困ってしまうのだとか。上田さんは「一緒に食材を買いに行けば、新しい話題につながるはずだ」とアドバイスします。

※読者の皆さまから、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:料理好きの妻からメニューを問われたとき、どう答えればいいでしょうか?

 新型コロナウイルス禍で夫婦そろって在宅勤務になりました。妻は料理好きで私が作るより圧倒的に上手なのでお任せしているのですが、「何が食べたい?」と聞かれるとたまに困ってしまいます。特に希望がないときはどう答えればいいでしょうか?

(49歳、男性、会社員)

上田準二:料理上手な奥さんが在宅勤務をしながら、相談者さんのために食事を作ってくれる。小笠原君と同じ共働き世帯のようだけれど、このようなケースでは、夫は掃除や洗濯など別の家事を担当しているんだよね。

小笠原啓(日経ビジネス編集):あ、当たり前じゃないですか。

上田:声がやや震えているみたいだけど、何か不都合なことでもあるのかな(笑)。いずれにしても、うらやましい悩みだね。だけど、奥さんの問いかけにちゃんとお答えしないと、愛情は次第に薄れていってしまいますよ。明確に希望を伝えるのが、こうした場合の模範解答です。

小笠原:本当に何でもいいときは、どう返事すればいいですか?

上田:「あなたは実に料理が上手で、どんなメニューでも本当においしい。今、頭の中で思いついたメニューでいいからちょっと作ってくれないかな」。こういう返答でどうだろう。

小笠原:「いつもそればかりじゃない。何か言ってよ」と奥さんから詰め寄られたらどうしましょう?

上田:その場合は、昨晩が肉料理だったら野菜か魚、中華だったら和食など、系統が違うメニューを提案すればいいのでは。料理してくれることに対する敬意と感謝を忘れずに伝えれば、きっと対応してくれるはずだ。

 根本的な解決策として提案したいのは、相談者さん自身が料理を趣味にしてしまうことだね。

次ページ 面白い食材を探しに出かけよう