子供に「無理強い」するのは禁物

 海外留学経験がある相談者さんなら検討済みだろうけど、まずは通っている学校の交換留学制度を使うのがいいだろうね。お子さんが高校生か大学生かは投稿には書かれていなかったけれど、日本の教育機関からさまざまな支援を受けられるメリットは大きい。授業料は軽減できるし、ビザ申請やステイ先の確保などでもサポートがあるだろうから安心だよね。奨学金の活用も積極的に考えたいね。

小笠原:交換留学制度を使えない場合はどうすればいいでしょうか?

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:僕がファミリーマートの社長をしていた頃、相談者さんと同じぐらいの年齢で子供2人を海外留学させていた管理職がいた。教育熱心な男だなと気になっていたので、酒の席で冗談交じりに尋ねてみた。「ファミリーマートの給料はそんなにいいのかい?」と。

小笠原:社長に聞かれるとドキリとしますね。

上田:あっさり「無理に決まってるでしょう」という答えが返ってきたけどね(笑)。「なら、どうしているの?」と重ねて聞いたら、銀行から留学ローンを借りていると言うんだよね。改めて最新事情を調べたところ、日本政策金融公庫が「国の教育ローン」という教育一般貸付を提供しているね。世帯年収などの条件はあるけれど、使い勝手は良さそうだ。民間の金融機関が提供しているローンも数多いから、まずは徹底的に比較検討したらどうだろう。

 とにかく相談者さんに伝えたいのは、思い悩んでいるうちに子供が育ってしまうということだね。青春時代は二度とない。息子さんか娘さんに教育機会を与えたいと考えているなら、どこかのタイミングで腹をくくるしかないでしょう。今の給料では払えないと思考停止に陥る前に、まずは行動に移してみよう。

 40代後半は、一生のうちで最もお金がかかる年代でしょう。子供が留学するなら、教育負担がより一層重くなる。ただそれは、3~4年のことですよ。ハーバードのような超一流大学なら別だけど、もっとリーズナブルな費用で留学できる高校や大学は探せばきっとあるはずだ。1年前後の短期留学という選択肢もある。

小笠原:特に語学は、頭が柔軟な若いうちに身に付けた方がいいですよね。

上田:そうだよね。注意したいのは、絶対に無理強いしないことかな。お子さんが望んでいないのに海外留学させると、逆効果になりかねない。家族で会議を開いて、意思を固めることが先決だろうね。

読者の皆さまから、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手に取ってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!


◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

〈第1章 人間関係に効く〉
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

〈第2章 自分に効く〉
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

〈第3章 恋愛・生き方に効く〉
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。