上田準二さんの「お悩み相談」。今回の相談は社内事務を担う30歳の女性から。社歴が長い中高年男性とのコミュニケーションがうまくできずに悩んでいるとのこと。上田さんは「自分を中心に周囲を見るのではなく、相手の出方に応じて対応を工夫しよう」と助言します。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:中高年男性とのコミュニケーションに悩んでいます。結論から話せば「結論だけでは分からない」と怒られ、経緯から話しても反発されます。どのような話し方を心がければいいでしょうか。

 社内事務やもろもろの調整を担うチームで働く30歳の女性です。職場でどうしても関わらないといけない、何人かの中高年男性社員について相談させてください。私と同じ平社員なのですが現場が長くて無視できず、コミュニケーションの取り方に悩んでいます。

 結論から話すと、「結論だけでは分からない」と言い、経緯から話すと「経緯だけでは分からない」と怒られます。話題ごとに適切な方法を考えているつもりなのですが、その努力が通じないようです。口頭では誤解があるだろうとメールで伝えると件名だけを読んで「なぜ直接話さないのか」と腹を立てる一方で、口頭だと「全部一度で理解しろというのか」と怒ってしまいます。下手に出ると「謝るぐらいなら最初からやるな」と言われるので、さらにやっかいです。

 こういった方々にうまく対処する方法、話し方などはありますでしょうか。ちなみに私の上司は良くも悪くもとても優しい方で、業務管理以外で頼るのは現実的に難しい状況です。

(30歳、女性、会社員)

上田準二:年が離れた異性の先輩とのコミュニケーションは、男女問わず難しい問題だよね。相談者さんが色々工夫しているのは文面からもよく分かる。ただ一つ気掛かりなのは「私と同じ平社員」という部分かな。ここに今回の悩みを解決するカギがありそうだ。

小笠原啓(日経ビジネス編集):中高年による若手の「かわいがり」のように思えますが、そうではないと。

上田:投稿から推測すると、相談者さんの心の中には課長や部長など「長」の肩書がない人は、自分と同じ立場だという意識があるんじゃないかな。同じ平社員なのに、経験年数が長いだけという理由で偉そうに文句を言ってくるという感じを持っているのかもしれない。そこで、感情のもつれが生まれているような気がするね。

 会社の仕事は肩書を笠に着て、上から命令するだけではうまくいかない。長年その会社で経験を積んだ先輩に意見を聞いたり、業務を依頼したりすることもあるだろう。それに対して、先輩は「ああでもない」「こうでもない」と言うわけだ。これは当たり前のことだよね。ところが相談者さんからすれば、先輩の口調や言い方がどうも納得できない。

小笠原:先輩は「指導」しているつもりでも、後輩は「説教」と受け取るケースもありますよね。

上田:それはそうなんだけど、自分を中心に物事を考えるとこういう問題は解決できない。相談者さんはまず、自分が組織の中でどんな立場で、どういう業務をこなしていくべきかとを客観的に考える必要があるだろうね。周りの人が悪いと決めつけてしまうと進歩はないから、自分自身の振る舞いを一度見直してみよう。

 まずは状況の整理だね。「結論だけじゃ分からない」「なぜ直接話さないのか」「全部を一度には理解できない」という言葉が、どういう人からどんなタイミングで発せられたのかを振り返ろう。相談者さんがどう受け止めたかは横に置いて、相手の先輩がどういう観点からその発言をしたかを見つめ直してみることだね。

次ページ 話し相手に応じて「傾向」と「対策」をパターン化する