1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:そこは文字通り、心機一転するしかないよね。「ヒラ社員」と投稿にはあるけれど、単なるヒラ社員とは訳が違う。肩書が取れただけで、左遷でも降格でもないんですよ。そういう年齢になり、新しい仕事のやり方が求められているのだと冷静に受け止めることから始めましょう。

 これまでマネジャーとしてバリバリ働いていらっしゃったようだから、その経験を生かして、後継者のアドバイザーになればいい。立場が変わったことで、会社の課題なども見えやすくなったでしょう。今までと比べて時間の制約が緩くなったはずだから、提案書などにまとめてもいいかもしれない。

 僕がファミリーマートの社長をしていたときは非常に助けられましたよ。ラインの長としてはなかなか言いにくいことを、役職定年された方々から多く提案してもらった。目が行き届かない若手のフォローなどを買って出れば、相談者さんとは年が離れた係長や主任クラスも見直してくれるはずだ。まさに、ビジネスパーソンとしての新天地じゃないかな。

2~3年後には、今の上司も同じ立場になる

小笠原:それでも、肩書がないのは寂しい気がします。

上田:かもしれないね。だからファミリーマートでは、部付き部長や部付きマネジャーといった名称をつくったんだよ。もちろん部長職としての役職手当はないけれど、名刺には部長という肩書が付けられる。社外との交渉などではそれなりの肩書が必要になるし、相手もリスペクトしてくれる。

 現職の部長も、そうした先輩を立てながらうまく使うんですね。出張で不在がちな管理職の場合、職場の不満などに目が行き届かなくなる。そうしたときに、部付き部長が雰囲気を察知して、若手の話を聞いたりフォローしたりしてくれるんだ。

 手応えがなくなったと投稿にはあるけれど、それは働く人それぞれがつくっていくものだと思うよ。55歳までのような責任と権限はなくなった一方で、そうした枠に縛られる必要もなくなった。後継者が迷惑がるほど勝手にやってしまっては困るけれど、経験を生かしてできることはかなりあると思うよ。

小笠原:相談者さんの代わりに管理職になった人も、2~3年後には役職定年を迎えて同じ立場になるんですよね。

上田:そうそう。多くの企業人が通る道なのだから、気分を入れ替えて前向きに過ごさないと。60歳からの再雇用があるのなら、それも含めてあと10年。ビジネスパーソンとしての新天地を開拓しましょう。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手に取ってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!


◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

〈第1章 人間関係に効く〉
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

〈第2章 自分に効く〉
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

〈第3章 恋愛・生き方に効く〉
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。