「辞めてもらう」のも選択肢に

上田:事業所長には長年の付き合いがあって矢面に立つのが嫌なのかもしれないけれど、仕事をする上で不都合が生じているなら考え直さないといけないよね。まずは事業所長に「管理職としてしっかり指導してください」と、きっちり伝えるべきでしょう。

 それでも動いてくれないのなら「事業所長の了承を得た」という大義名分を作った上で、相談者さんがベテラン社員に仕事の分担や権限を改めて明示することになるんだろうね。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

小笠原:モチベーションが下がったベテランに、いかに働いてもらうか。企業規模を問わず悩んでいる職場は多くあります。年下ならまだしも、年上の相手に厳しいことを言うのは勇気がいりますよね。

上田:そうかもしれないけれど、実際には2つの選択肢しかないんだよね。何とかして工夫して働いてもらう、というのが1つ目の道。もう1つは、そういう人は退職してもらって構わないと割り切ること。相談者さんが仕事のミッションを改めて伝えたら、この女性社員は反発するだろうね。「今までのやり方を変えたくない、そんなことなら辞める」と言うかもしれない。

小笠原:現場のことをよく知っているベテランに辞められると困りませんか。

上田:投稿の冒頭には「働かなくて困っています」とあるから、別に問題ないんじゃないかな。現時点ではこのベテランの仕事を誰かが代わりにこなしているんでしょう。パート社員を活用するには、仕事内容と業務分担をはっきりさせておく必要がある。本来なら事業所のトップが言わないといけないんだけど、動いてくれないなら仕方ない。相談者さん自身がアクションを起こすしかないんだろうね。

 繰り返しになるけれど、あらかじめ事業所長とは話を付けた上で、その旨も含めてベテラン社員に伝えた方がいいでしょう。何かあったときの責任を相談者さんが取るのは筋違いだからね。人にはそれぞれ事情があるのだろうけれど、会社で働く以上は折り合いを付けてもらわないといけない。いい機会だと考えて、ルールを再確認すればいいんじゃないかな。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手に取ってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!


◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

〈第1章 人間関係に効く〉
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

〈第2章 自分に効く〉
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

〈第3章 恋愛・生き方に効く〉
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」

■開催日:2022年5月30日(月) 19:00~20:00(予定、開場はセミナー開始10分前から)
■テーマ:一生健康で飲むための『飲酒の科学』
 

■講師:肝臓専門医 浅部伸一氏/酒ジャーナリスト 葉石かおり氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員と日経Goodayの有料会員は無料で視聴できます(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください。


>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。