上田準二さんの「お悩み相談」。今回は31歳のエンジニアから、上下関係に関するお悩みです。先輩から厳しく当たられてつらい日々を過ごす一方で、上司や同僚がその先輩を評価することに納得がいかないようです。上田さんは「転職を考える前に、ガツンとやらないと同じことの繰り返しになる」と気合を入れます。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:先輩の横暴な振る舞いに悩んでいます。上司や同僚、役員などからの評判が高い人なのですが、私と2人になると暴言を吐いたり八つ当たりしたりするのです。会社の窓口や上司に相談してもらちがあきません。ハラスメントと戦うべきか、転職すべきか。どうすればいいでしょうか。

 従業員1000人弱の会社でエンジニアとして働いています。現場経験の後に技術部門へ異動となり、私より社歴が10年ほど長い先輩が指導係につきました。その先輩との人間関係で悩んでいます。

 先輩は周囲の同僚や担当役員からの評判が良く、配属当初は私も優しく指導いただきました。ただ当初から感情の起伏が激しく、不機嫌になると無視や八つ当たりをされるため、先輩の機嫌を損ねないよう過ごしてきました。「後輩のくせに俺の仕事を手伝わない」と批判されるため、自身の仕事は急ぎの案件のみ処理し、その他の時間と月平均60時間の残業時間を先輩の仕事へ充てる状態でした。

 ある頃から「使えないくせに」「人事の人たちも周りの人もみんなお前に早く辞めてほしいと言っているのになぜ辞めないのか」などと言われるようになりました。私の仕事の成果が先輩の名前になっていたり、上司に対して「私が仕事をしないから先輩の仕事が進まない」などと報告されたりもします。先輩と懇意な部長から「お前は能力もやる気もない。お前の給料は下げてやる」「給料泥棒」と叱責されたことすらあります。

 席が先輩の隣なのが耐えられず、直属の上司や産業医に席替えを相談しても実現しないまま。逆に私が席替えを申し出たことを先輩は「パワハラで訴えられた」と騒ぎ、私は先輩と懇意な管理職複数名から何度も嫌みを言われる始末です。

 この先輩は現在期限付き出向中ですが、1年後には戻ってきます。会社の相談窓口や人事部門には先輩と懇意な人がおり、信用できず相談できません。転職という選択が現実的かもしれませんが、中学生の頃から夢だった今の仕事が好きで、新卒入社した会社に愛着があり簡単に辞めたくありません。

 私は優秀でもなく、寡黙にコツコツと仕事に取り組む普通の社員です。ハラスメントと戦うべきでしょうか。それとも黙って現状を受け入れ、転職をすべきでしょうか。上田さんのご助言をいただければ幸いです。

(31歳、男性、会社員)

上田準二:まずはっきりしておきたいのは、理不尽な「しごき」や「いじめ」は決して許されないということ。会社の上司や先輩という立場を利用した嫌がらせは「パワハラ」だから、黙って泣き寝入りする必要はまったくない。会社の相談窓口が信用できないなら、社外のルートを使うことも考えましょう。

 こうした前提条件を踏まえた上で相談者さんに考えてほしいのは、当初は優しかった先輩がなぜ厳しく当たるようになったのか。感情が高ぶったり不機嫌になったりする「お天気屋」であるにもかかわらず、その先輩がなぜ同僚や役員などから高い評価を得られているかということだね。

 投稿された文面から推測すると先輩は30代後半から40代かな。これまでも多くの後輩と向き合ってきたはずだ。入社してすぐに先輩と同じ水準の仕事ができるわけがない。営業職でもスタッフ職でも、まずは先輩の見よう見まねでやり方を覚え、時に怒られながら仕事をマスターしていくものでしょう。その全員が今の相談者さんと同じような状況に置かれていたかというと、恐らく違うと思うんだよね。であれば、あなた自身の対応を少し考え直した方がいいかもしれない。

小笠原啓(日経ビジネス編集):上田さんは厳しい上司の部下になった経験はありますか。

上田:そりゃあるさ。昔のことだけど、ことあるごとに「上田、てめえ!」と怒鳴ってくる、すごい上司に付いたことがある。そうした相手には、感情的に反論しても意味がないし、萎縮したままでは話が進まない。とにかく怒られた理由をきちんと聞いて、どうしても理屈に合っていないところだけ正面から反論するんだ。

小笠原:「へ理屈ばかり並べるんじゃねえよ」って、火に油を注ぐことになりませんかね。

続きを読む 2/2 不機嫌な相手には「対抗」せず、理論的に「対応」する

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。