上田準二さんの「お悩み相談」。化学メーカーで働く28歳の男性が異動希望をどう伝えるかで悩んでいるようです。適性があると上司に見込まれた分野を極めるべきか、自分のやってみたいことに挑戦すべきか。上田さんは「新しい領域で仕事の幅を広げよう」と促します。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:1年ほどで異動の時期を迎えます。直近は工場の経理部門で働き、高い評価をもらいました。上司は本社の経理部長と話をしているようです。一方で、これまでの経歴を生かして事業部門でチャレンジしたいという思いもあります。「向いている仕事」と「やってみたい仕事」のどちらを選ぶべきでしょうか。

 売上高6000億円規模の化学メーカーで、事務系総合職として働く28歳男性です。入社後2年間は事業部で生産計画の立案・調整や輸出入デリバリー業務を担当し、その後工場に異動し、経理を3年間経験しました。あと1年ほどで異動になりそうなのですが、次の希望をどの部署にするかで悩んでいます。

 事業部で営業の基礎を学び、工場で経理を経験したことで、会社の事業活動の一連の流れがよく分かりました。事業活動がどう損益計算書(PL)や貸借対照表(BS)に影響してくるかといった管理会計の知識も身に付きました。直近の人事考課では上位10%の評価をもらいました。事業部時代は中程度の評価しかもらったことがなかったので、素直に喜べました。

 上司は私を本社の経理部門に推薦してくれていて、実際に本社の部長とも話をしているようです。数字をミスなく扱い概念上の操作が得意な一方で、人間関係の構築やコミュニケーション面は人並みか、若干劣るレベルだと自覚しています。ですので、個人的には経理が向いているのかなと思います。

 しかし、経理にそれほど強い興味が持てないのです。仕事内容としては事業部時代に実際の営業活動はほとんど経験しなかったので、これまでの経歴を生かして、もう一度事業部で今度は実際のビジネスを経験してみたいという気持ちが強まっています。

 最終的にどのような人事異動になるかは会社の決定事項とは思いますが、自身の希望としてどのように出せばいいのか決めかねています。上司の推薦通りに経理にしたほうがいいのか、それともあえてその推薦とは違う道で、向いていなかったとしても、自身がやってみたい仕事をしたほうがいいのか。ジョブローテーションがある会社なので、次の次の異動までは6~7年かかりそうです。

(28歳 男性 会社員)

上田準二:大手メーカーの工場の経理部門で働いて、28歳の若さで上位10%に入る人事評価を受けている。能力を買った上司が、本社の経理部門へ売り込もうと交渉している。なるほど。この2つだけで、相当優秀な人だということが分かるね。

小笠原啓(日経ビジネス編集):にもかかわらず、決して得意とはいえない別の仕事にチャレンジしようとしている。意欲的ですね。20年前の自分に読ませたいぐらいです。

上田:以前在籍してあまり高い評価を得られなかった事業部門に戻って、リベンジしたいというのだからね。あっぱれだよ。どんどんやったらいいじゃないですか。

 営業の先輩から言わせてもらうと、社外との仕事を円滑に進めるにはコミュニケーション能力は必須です。生まれ持った性格だから仕方ないと思い込まず、自分の意思で変えていく努力が必要になる。でないと、あなたが困っちゃう。もしかしたら深層心理でそう思っているからこそ、苦手な仕事に挑戦しようと思ったのかもしれないね。

 ジョブローテーションがあるのなら、28歳というタイミングを逃す手はない。このまま経理部門に6~7年間とどまると、なまじ能力があるだけに、あなたは経理の専門家だと認識されかねない。そうなってから新しい領域にジョブチェンジするのは難しいと思うよ。

続きを読む 2/2 上司の顔を潰さずに異動を実現するには

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。