上田準二さんの「お悩み相談」。今回は人生の進め方に悩む女性から。新型コロナの影響で海外出張が全てキャンセルになり、暇を持て余しているといいます。一方で、転職や婚活に割くエネルギーも湧かない模様。上田さんは一言「恋をしましょう」とアドバイスします。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:新型コロナの影響で海外出張が全てキャンセルになり、暇を持て余して悶々(もんもん)としています。同族企業のため自分の意見は通りません。34歳になるため転職や婚活も考えていますが、どうもエネルギーが湧きません。この1年をどう乗り切ればいいでしょうか?

 転職か、婚活か。人生の進め方についての相談です。

 同族経営の中小製造業で商品企画と営業補佐をしています。5年目に突入しました。これまでは海外出張で営業を重ね、幸運にも成果があり充実していましたが、2020年はコロナの影響で全てキャンセル。暇な時間が増えてしまいました。

 もともと1人で担当している部署なので相談できる相手がいません。自分で考えて乗り切ってきたのですが、現在はチャレンジしたいと思っても経営者の家族から賛同を得なければ何もできません。達成感がなくなったように思え、日々悶々としています。

 これまで仕事でいい経験はさせてもらいましたが、特に今年は34歳になることもあり婚活も意識しています。社長は昭和の人なので「女は結婚すれば幸せや」と堂々と言う方です。しかし仕事で疲れてしまいました。婚活をするエネルギーも今は湧かない、転職についても同様です。

 今年をどう乗り切ればよいか悩んでしまいます。これまでは自分の進む道を自分で決められたのに、初めてのことで参ってしまいました。唯一の楽しみは趣味で始めた茶道です。こんな未熟なご相談で恐縮ですが活を入れていただきたく、よろしくお願い致します。

(33歳 女性 会社員)

上田準二(以下、上田):文面からは深刻な感じが伝わってくるね。生きる気力が湧かないというか。僕はこういうお悩みに対して、いつも「恋をしましょう」と答えるようにしています。「婚活」と肩肘張るのではなく、まずは恋をするんですよ。

小笠原啓(日経ビジネス編集、以下、小笠原):新型コロナで出会いが限られる中、いきなりそう言われても戸惑ってしまうのでは? それにこの方、仕事についてもかなり悩んでいるみたいですよ。

上田:活を入れてほしいとあったから、ちょっと焦っちゃったみたいだね。失礼しました。

 どれどれ、入社5年目で海外に何度も出張して営業で結果を出した。1人の部署で商品企画を任されているぐらいだから、会社はあなたの能力と実績については相当評価しているんでしょうね。33歳だから、これからもっと活躍してくれると期待している。ただ今は、新型コロナで海外に行けなくなったから、暇な時間を持て余している、と。

 多くの業種、企業であなたと同じ悩みを抱えている人は多いだろうね。仕事をしたいけどチャレンジできずにいる、手持ち無沙汰な人はたくさんいますよ。とはいえ、新型コロナは誰の責任でもないので、あなた自身がこの状況を受け入れる必要がありますね。

小笠原:同族企業と書かれているので、経営者の方針と相談者さんの思いが一致しないのかもしれません。

続きを読む 2/2 アウトドアの趣味を見つけよう

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。