上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、体制が変わり仕事を干されてしまった44歳の女性から。それまで管理職でしたが、新任のチーム長からメールも会議も“のけ者“にされて悩んでいます。上田さんは、「嘆いていても何も変わらない。まずは自分から行動しよう」とアドバイスします。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:新しいチーム長が来てから、仕事を干されています。メールも会議の連絡も私のところには回ってきません。チーム長は男性で、これまで女性技術者と仕事をしたことがなく、私をどう扱っていいのか分からないようです。どうしたらいいでしょうか。

 チームが新体制になってから仕事を干されてしまいました。従来は管理職として新規研究テーマの立ち上げや現研究テーマのまとめ役などを担っていました。新チームでは、チーム長と直接話すこともなく、チーム長は若手を通じて伝言ゲームのように連絡してきます。また、現在は他のチームから管理職をわざわざ呼んできて、私の代わりに仕事をさせています(呼ばれた管理職は正式に私のチームに所属してません)。

 仕事関連のメール、会議、資料なども共有されず孤立していくばかりです。また、今のチーム長(男性)は女性技術者と仕事をしたことがなく、私をどのように扱えばいいのか分からないようです。

 かなり気を使われて腫れ物に触るように対応されており、こちらもかなり話しかけづらい状態です。このような場合、どうしたらいいでしょうか? こちらからチーム長に相談しても相手にはしてくれません。

(44歳 女性 会社員)

上田準二:相談の文面からすると、女性が非常に少ない職場のようですね。しかも、女性の技術者は、今のチーム長にとっては初めてのチーム員だと。だから、この男性チーム長は、あなたとの接し方に戸惑っているのかもしれませんね。

 であれば、あなたの方から戸惑いなくこのチーム長と会話し、行動していくべきですよ。

 腫れ物に触るようにあなたに接してくると言いますが、そのままでいいんですか。むしろ、あなたの方からこのチーム長に対して、女性技術者との接し方や仕事の仕方などを、さりげなく伝えていくべきではないですか。

大竹剛(日経ビジネス編集):でも、腫れ物に触るように対応されているから、こちらからは話しかけづらいと言っていますよ。

上田:でもね、そのままにしていても、この状況は改善されないと思いますよ。最悪の場合、あなたをチームの一員として扱わないまま、仕事がどんどん進んでいってしまいかねない。実際、メールや会議の連絡などが来ないという状況が始まっていて、どんどん孤立していっていると言うじゃない。

 もし、新しいチーム長があなたの扱いに戸惑っているのなら、あなたからその戸惑いを解いてあげる工夫が必要でしょう。戸惑いの理由が、あなたが女性であるからなのか、もしくは、ほかのところに理由があるからなのかははっきりしませんが、理由はどうであり、まずはあなたの方から行動を起こしてみてください。

大竹:どうしたらいいのでしょう。なにか、うまい手はありますか。

続きを読む 2/2 自分から行動しないと状況は変えられない

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。