上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、異動してきた男性の後輩の扱いに悩む女性から。年齢は下だが大学院卒のため役職は同じ。プライドが高いのか、反論されたり無視されたり。上田さんは「母親の気持ちになってみよう」とアドバイスします。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:部署に異動してきた男性の後輩の態度に悩んでいます。年齢も入社も私より下ですが、役職は同じで大学院卒。仕事の内容を教えてあげようとしても、黙り込んだり反論されたり、無視されたりします。ほかの男性に指摘されると、そのようなことはないのですが。どうしたらいいでしょうか。

 上田さん、こんにちは。相談への上田さんの回答は「なるほど!」と「うーん?」が半々くらいですが、いつも興味を持って拝読させていただいております。

 相談したいことは、半年前に他の部署から異動してきた男性の後輩の態度と、今後の付き合い方についてです。彼は年も入社年も私より下ですが、大学院卒のため役職は同じです。ただ、今の部署での仕事の経験はなく、上司からは「育ててやってくれと」と頼まれました。

 一緒に仕事をしてみると、入社数年以上たっているとはいえ未経験の業務だからか、正直、新人を見ているような気分でした。そのため、業界の一般的な知識や業務上のアドバイスなど、折に触れて会話をしていきました。

 その際、彼は黙り込んだり、反論をしたり(反論自体はいいのですが、内容が浅い。論破されると不機嫌になる)、ひどいときにはアドバイスを無視したりします。けれど、同じような内容を男性の先輩が言ったり、私の意見に周囲の人間(全て男性。女性は私だけなので)が賛同したりすると、あっさりと「なるほど、分かりました」と素直に受け入れるんです。

 初めは、私の伝え方が分かりにくかったのか、と思いましたが、他のメンバーと仕事を進める上でこのような態度を取られたことはないので、違う気もします。彼は普段から心なしか上から目線で、まるで業務上、自分と私が対等である(=自分は指導される立場ではない)かのような言動をします。男性社員に対してはそんなことはありません。

 そのため、「もしや私が女性だからあのような態度を取っているのでは?」という疑念が拭いきれません。伝統的な企業のため、これまでも女性であることで“オールド・ボーイズ・ネットワーク”から排除されたり、仕事がしにくかったりしたことが何度もありました。

 そのような経験から、彼の態度を疑って掛かるように見てしまっている部分もあるかもしれませんが……。上司からは引き続き「一人前にしてやってくれ」と言われており、今後、先輩として彼とどうやって付き合っていけばいいのか悩んでいます。

(32歳 女性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス編集):この部署は、相談者を除いて全て男性ということで、“オールド・ボーイズ・ネットワーク”から排除されたこともあると言っています。まだまだ“男社会”の感覚が根強く残る職場なのかもしれません。女性という立場で、働きにくさを感じているようです。

上田準二:職場で女性はあなた1人。その中で、ほかの部署から異動してきた、年齢も入社年もあなたより若い男性の面倒を見ることになった。その男性は大学院卒で役職はあなたと同じだけど、異動してきたばかりで仕事を教えていかなければいけない。

 この男性は、ちょっとプライドが高いんだね。あなたが教えてあげたことに対して、いろんな理屈を言って反論する。自分はあなたに指導されるほど未熟じゃない、という気持ちが強いんでしょう。でも、ほかの男から言われると、素直に聞く。あなたは“オールド・ボーイズ・ネットワーク”と言いましたが、この職場にも、この男性にも、男中心という感覚がどこかにあるのでしょう。

 残念ながら、その感覚をすぐに直させることは難しいと思いますよ。いずれなくなるべきでしょうが、今、目の前の問題をどう解決するかという視点に立つと、そういう状況にあるということを理解した上で、あなたの気持ちの持ちようをちょっと変えてみることをおすすめします。

大竹:どう変えたらいいのでしょう?

上田:叱られて抵抗する子供に接する母親の気持ちになりましょう。母親に言われたら反発するけど、ほかの大人から指摘されるとおとなしく言うことを聞く子供、いるでしょう?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2366文字 / 全文4286文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。