上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、好きでもない仕事で評価されてしまい、その職場から抜け出せなくなるのではと悩む30歳の男性から。上田さんは「人生、好きなことより嫌なことに出合うほうが多い」と話します。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:好きではない仕事で評価されてしまっています。このまま延々と今の仕事を続けるかと思うと憂鬱です。どうしたらいいでしょうか。

 30歳の男です。いつも楽しく読ませてもらっています。

 私は新卒で入った大手メーカーで8年間働いており、現在は係長クラスです。入社時から6年いた部署は、仕事内容が理解できてくると非常に面白く、実績も上げ、たまたま色々ラッキーがありチームの結果が良かったおかげですが、表彰を受けたこともありました。

 その間、直接の上司からは非常に高く評価され、他部門の部課長からもよく知られるようになりました。しかし、その後、ここには行きたくないなと漠然と感じていた生産管理に異動になりました。この部署で2年働いていますが、正直言って、仕事内容が全く好きにはなれません。各種調整にはストレスを感じるし、繰り返し性の高い業務が退屈です。

 とはいえ、仕事なのでやるべきことはやっています。私はストレスを処理するのがうまいほうなので、周囲からはひょうひょうと働いているように見えるそうですが、そうは言っても私だって嫌なものは嫌です。

 しかし、そうするうちに、生産管理として評価が高まり、最近は課長や部長と話すと、いずれ生産管理を私に継がせるつもりのようなことをよく言います。上司からそのように買われること自体は喜ばしいのかもしれませんが、生産管理は私がやりたい仕事ではありません。

 この先、好きではない仕事を延々と続けるのかと思うと憂鬱です。「いっそ転職でも」と思うこともありますが、なまじ今の会社でも高く評価されているだけに踏ん切りがつきません。どうするのがいいでしょうか?

(30歳 男性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス編集):とても器用な方なんでしょうね。どんな種類の仕事を任されても、きっちりこなしていく能力がありそうです。

上田準二:それは非常に素晴らしいことです。まず、それを大前提に聞いていただきたいのですが、会社人生の中で、自分の好きな仕事だけやる、自分の好きな仕事だけが回ってくるというようなことは、基本的にはまずないと思ってください。私は、サラリーマンを45年近くやりましたけれども、好きでやらしてくれと言った仕事で、実際にやらせてもらった仕事は1つもないです。

 自分に回ってきた仕事を最初から好きだと思ったことも一度もありません。どちらかいうと、もっと別の部署で仕事をやらせてもらいたいとか思っていましたし、今振り返っても、別なことをやりたかったなというなことも多いわけです。ですから、好きな仕事だけをやってきたっていう記憶は、あまりないです。

 ただ、その仕事をやっていく中で好きになっていきました。僕にとっての仕事は、そういうものでしたね。

 あなたの場合、好きではない仕事だけど、とても評価されている。とはいえ、評価されても、やっぱり好きじゃない。

大竹:やはり、仕事に前向きに取り組めないと、モチベーションも続かないですし、いずれ評価も下がってきてしまうような気がします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2836文字 / 全文4344文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。