上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、40歳手前で体に悪いところが見つかったという男性から。仕事のペースを落とすべきか悩んでいます。暴飲暴食を続けてきた上田さんは、自身の生活を反省しつつ、「仕事のペースは落とさずにできることはないか」と提案します。その意図は?

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:同期で最初に管理職になり、海外赴任のチャンスにも恵まれました。これまで、全力で会社の期待に応えようと働いてきましたが、ここ数年で体にいくつか悪いところが見つかり、仕事のペースを落とすべきか悩んでいます。

 30代後半の中堅社員です。若い頃から会社には様々なチャンスをいただき、それに応えるべく全力で努めてきました。同期一番で管理職になりましたし、当社では珍しい海外赴任もしました。周囲からは順風満帆に見えているように思います。

 ただ、ここ数年、体に数カ所悪い所が立て続けに見つかり、ペースを落とすべきか否か悩んでいます(命に関わるものではありません)。周囲には話していませんし、正直に言えば、ペースを落としたくはありません。

 上田さんも様々な激務を続けられてきたと思いますが、ご自身の健康とはどのように付き合ってこられましたか。

(38歳 男性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス編集):バリバリやっていきたい、でも、健康も不安。健康第一だと理解していても、仕事は楽しいし、周囲からの期待もあって、ペースは落としたくない……。この方のような悩みを持つ方は、意外と多そうです。

上田準二:まずね、あなたは仕事が本当によくできる方のようですね。それだけ、会社からの評価も高いのでしょう。海外赴任などチャンスにも恵まれてきた。きっと、求められる仕事の要求レベルも高いのでしょう。

 だから、知らず知らずのうちにいろいろと無理が重なっていたのかもしれません。

 あなたは今38歳。まさしく、僕もあなたと同じような年齢の頃、今から振り返ればひどい生活をしていました。

大竹:上田さんのことですから何となく想像できますが、どんな生活をしていたのですか。

上田:40歳前後となると、仕事の面では脂が乗っているし、お客さんはどんどん増えている。北海道から九州まで、お客さんが月に何度も東京にいらして、僕はその都度夜遅くまで飲み食いで接待。日ごろ付き合いのある取引先も含めれば、ほぼ毎晩、夜遅くまで飲み食いをして、朝早くからまた別のお客さんを回るという生活を続けていたわけです。

 その間に、お客さんのアテンドで海外出張に行くこともあった。そんな生活はいろいろ、体に無理がかかりますよね。暴飲暴食の上に過密スケジュール。健康診断を受けると、どれもこれも項目がひどい数値になるわけです。

大竹:A、B、C、Dとかで判定が出るやつですね。前年は問題なかったのに、急に「要再検査」なんて出ると、ドキッとします。

続きを読む 2/2 「不健康が勲章」のような働き方は過去のもの

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。