上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、夫と同じ会社で働く女性の悩み。共に転職組で夫の方が後に入社したのに、出世で先を越されて悔しい思いをしています。その気持ちを夫が理解してくれず、離婚もやむなしと悩んでいます。上田さんは「夫の出世を喜べなくても受け入れよう」とアドバイスします。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

悩み:夫と同じ会社で働いています。お互い転職してきたのですが、夫の方が後に入社したのに私より先に出世しています。悔しい思いをしている私の境遇を理解してもらえず、夫と一緒に暮らしている意味も見いだせなくなりました。どうしたらいいでしょうか。

 製造業技術職(機械科卒)です。就職氷河期世代で、設計者になるため転職をし、今の会社へ入社したものの、数年で設計を外され、技術力がある人が欲しいと知財やサービスに回され、現在は業務改革系部門です。

 初の女性技術者ということで苦労もしたし、間接部門では妬みから同僚の嫌がらせも受けました。設計ができないこと、そして、職場を転々としたことで、(苦労に反して)同世代に比べて役職が低いことが不満です。

 一方、夫は同じ大学卒で現在同じ会社で機械系設計のマネジャーをしています。電気科卒で、私より後の入社にもかかわらず機械設計のマネジャーをしている夫が妬ましく、私の境遇を理解しようとしてくれない(できない?)態度から、一緒にいる意味が見いだせません。

 転職しようにも地方なのでいい求人が少なく、離婚も視野に入れていますが、夫が同意しません。子なしで、誰にも愛されず、会社にも夫にも便利に使われているだけとしか感じられません。何のために生きているのか悲しくなります。

(43歳 女性 会社員)

上田準二:まず、ご主人とあなたの性格や価値判断の基準が最近、合わなくなっているということですね。これは、離婚理由で言うなら、俗に言うところの「性格の不一致」というやつです。これを修正できるかどうかというと、かなり難しいような気がしますね。

大竹剛(日経ビジネス編集):ずいぶんはっきり言いますね。どの辺りでそう感じますか。

上田:やっぱり、ご主人と同じ大学の出身で、自分の方が能力が高いとお考えですよね。それにもかかわらず、社内ではご主人の方が出世していて、自分は不遇だと思っている。

大竹:ご自身は機械科卒で、夫は電気科卒。それなのに、電気科卒の夫が機械設計のマネジャーをしている、と不満げに書いてありますね。

上田:夫婦はお互いに、尊敬し、愛し合う関係が必要です。果たして、あなたがご主人とそのような関係に戻れるかというと、少し疑問です。既に、尊敬も愛も、なくなってきてしまっているのではないですか。

次ページ 夫の出世は喜ばなくてもいい、理解を示そう