1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:そうです。それと、店長も課長も何もしない、部下も含めて他の店舗と比べてレベルが低いと言っていますね。店の状況が悪いのは、出来が悪い上司や部下の責任だという思いが強すぎませんか?

 やはり、改革、改善をしていくには、自分1人の思い込みだけで行動してもうまくいきません。特に、自分の持ち場の部下に対しては、あなたが信頼されるようなものの言い方、指示の仕方が必要だと思います。

 もう1つ、私の長いサラリーマン経験から言うと、「何もしない」という課長の下で働いたときほど、自分のやりたいことができましたよ。毎日、朝から晩まで、上司からガンガン重箱の隅を突くような指示があると、モチベーションは上がらないし、行動の範囲も狭くなってしまう。

 僕は、何もしない上司の下に就いたときほど、ラッキーだと思いました。あなたにもそう思えとは言いません。ですが、多少なりともあなたもそういう気持ちになれたら、裁量がものすごく広くなりますよね。

大竹:まずは、周囲の指摘を素直に受け入れつつ、「何もしない」上司の下にいることをチャンスだと思うこと。

上田:あなたは売り場長として、自分の売り場、取り扱う商品のカテゴリーについては全部、あなたの権限の範囲内で判断できるわけです。自分の持ち場の成績を上げていく、売り場を活性化させることは、あなたの考えでやれるんです。

 ただし、先ほど言いましたように、部下に対して「お前が悪いからだ」というようなことを直線的に指導するのではなく、相手の心に入る言い方をもう少し考えてほしいですね。

店の改革は1つの売り場から始まる

大竹:やはり、店としての業績が良くない状況に対して、「自分は頑張っているのに周りがだめだ」という気持ちが、日々の発言や振る舞いに出てしまっているのかもしれませんね。

上田:まず、そうなってしまっているのではないかということを自問自答してみてください。そして、売り場長としての責任の範囲内で、自分の売り場をしっかりと強化してください。

 あなたのそういう努力は、必ず周りの人が見ています。部下も、上司も、会社全体も。あなたの売り場が元気になってくると、「あの店のあそこの売り場のAくんは、改革改善しているね」という話が広がるものです。

 そういうことが積み重なって、あなたは組織の中でステップアップしていくんです。小さな世界で、上司が悪い、部下がだめだ、というような気持ちは捨てることです。そうすることで、将来の道も開けてきますよ。

大竹:上田さんはファミリーマートやプリマハムにいたときなど、売り場を見て回った経験はかなりありますよね。元気な売り場には、どんな特徴がありますか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2029文字 / 全文4704文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。