「褒めなきゃ」という思い込みは捨てよう

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:そうですよ。それが上司と部下だけではなく、コミュニケーションの前提です。

 その上で今回の相談で大切なことは、今の若い部下たちは、何か褒めてやらないと仕事に慣れないだろうとか、成長しないだろうとか、そういうことを思う必要はないということです。感性は自分たちの世代とは違うと認識した上で、やはり、間違いをしたら間違いだとしっかり指摘し、叱るときはしっかり叱ればいいんです。

 そういうのはパワハラとは言わないし、それをやらないと管理職としての存在意義がないよね。

 特に大切なのが、あなたも書いているように、自分でやってみせることです。自分でやったほうが早いから、つい自分でやってしまうというのはよく分かりますよ。だけど、それだけではやっぱりダメで、自分でやったことを、しっかりと部下にも見せて、伝えてあげることが重要です。

 有名な山本五十六の言葉があるでしょう。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ」というね。

 あなたは、最後の「褒めてあげる」ということにばかりに気が行ってはいませんか。山本五十六の言葉の通り、褒めてあげるのは、最後でいいんですよ。

大竹:なるほど。山本五十六も言っていた!

上田:山本五十六だって、人を動かすにはまず褒めろ、なんて言ってないんだよ。褒めてばかりでは人は動かないし、育たないよ。

大竹:結構、多くの人が勘違いしているのかもしれませんね。最近の若い人は褒めて育てましょう、とかよく言われますけど、そうじゃないと。

上田:手順としては、やらせて、ミスを指摘して、それで自分でやってみせる。山本五十六が言う順番とはちょっと違うけど、僕はこの手順がいいと思う。

 部下を成長させるためには、褒めてばかりではダメです。大竹さんだって入社したときはたくさんミスをしただろうし、僕だってそうですよ。

大竹:思い出したくないミスもたくさんあります。

上田:でしょう? そういうとき、上司がしっかり叱ってくれたわけだ。そうやって人は成長するんです。

 あなたが一生懸命なのを、僕は評価しますよ。いろいろ文句を言っても、「やっぱり教えてあげなきゃ」と思っている。その気持ちを大切にして、しっかりミスを指摘して、自分でやってみせて、その過程をしっかり教えてあげてください。「褒めなきゃ」という意識は捨てるべきです。

 最後に、僕が新人類に対してどう対処したか話そうか。

大竹:お願いします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1208文字 / 全文4031文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」

■開催日:2022年5月30日(月) 19:00~20:00(予定、開場はセミナー開始10分前から)
■テーマ:一生健康で飲むための『飲酒の科学』
 

■講師:肝臓専門医 浅部伸一氏/酒ジャーナリスト 葉石かおり氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員と日経Goodayの有料会員は無料で視聴できます(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください。


>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。