全5029文字

上田準二さんの「お悩み相談」。 今回は、がむしゃらに働いたのに「管理職になれなかった」との未練を抱き続ける男性の悩み。76歳になった今でも、悔しさのあまり夢に見るとのこと。上田さんは「明日は何しよう、来週は何しよう、来月は何しようと、来年は何しようと、前を向いて生きよう」とアドバイスします。

※読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください

>>悩みの投稿<<

悩み:管理職になれなかった悔しさを、76歳になった今でも夢に見ます。がむしゃらに働き、是が非でも管理職になりたかった。管理職と平社員を分ける組織の在り方が間違っているとも思います。この悔しさ、どうしたらスカッと晴らすことができるでしょうか。

 8月5日付の、当お悩み相談で管理職のサラリーマンの方の投稿内容を読みましたが、私としては「管理職になっているのに、何を甘ったるいことを言っているのだ」と思いました。「気合を入れ直せよ!」ですよ。

(編集部補足:こちらの記事です→「やりたいこと」はなくていい。40代以降は「will」より「shall」

 同じく8月6日付で『嫌われる勇気』の著者が、「土下座してでも出世したいか」ということを語っていましたが、私は「土下座してでも出世したかった世代」の一員としてサラリーマンをしていました。

(編集部補足:こちらの記事です→『嫌われる勇気』著者、土下座してでも出世したいか?

 私は数十年前まで、都市銀行の銀行マンでした。同じ銀行の他の支店との預金獲得競争、さらに都市銀行同士の預金獲得競争など、本当にむちゃくちゃな競争に明け暮れていました。夜8時ごろ、「夜間外交」といって個人宅に訪問して、預金のお願いをすることもザラでした。自宅に帰るのは夜の11時、12時という生活を続けていました。

 そして一生懸命、人並みに頑張っても出世できない者もいます。私も一生平社員で終わりました。管理職になるとならないでは、生涯年収で6000万円ほども差が出るといわれ、是が非でも管理職になるために皆、歯を食いしばって仕事をしていました。銀行という組織が、管理職をすごく魅力的な存在に仕立ててきたので、是が非でも管理職になりたかったのです。

 同僚や後輩が出世したという話を聞くと、当時は胸が苦しくなっていました。そして70歳を過ぎた今でも、管理職になれなかった悔しさが夢に出てきます。それは、一生忘れられない心の傷になっています。

 そのストレスが原因でしょうか。今は心臓病を患っています。役職制度なんて、本当に必要なのでしょうか。私としては そんな制度はないほうが、伸び伸びと、生き生きと仕事ができると思います。

 私が言いたいことは、世の中は公平でないということです。誰でも管理職になれるわけではありません。そこで、○○部長とか○○課長とかいう役職をやめて、職務別管理にして、例えば営業部長を営業管理とか、○○課長を推進管理とか、そういうふうに工夫したほうが誰もが生き生きと働ける職場になり、生産性も上がるのではないでしょうか。

 そして、ある程度の年齢が来たら、誰でもそのポストを担えるように研修などで人材を育て、ポストに人材を固定化しないようにしていくのが望ましいと思います。

 人口減少社会で、そんなに管理職を作ってもしょうがないですよ。

 ちなみに私のお悩み相談は、過去に管理職になれなかったストレスを発散する、何かスカッとするいい方法はございませんか、というものです。ぜひ、教えてください。

(76歳 男性 無職)

大竹剛(日経ビジネス編集):この方は、管理職になりたかったのだけどなれなかった、ということが心の傷となり、70歳を超えた今でも時々悔しさが夢に出てくるそうです。相談内容としては、管理職になれなかったという悔しさ、ストレスを発散する、スカッとする方法を教えてくださいというものですが、会社という組織の頂点まで上り詰めた上田さんはどう思いますか。

上田準二:こういう相談は時々いただきますよね。同じ大学を卒業して別の会社に入った同期の集まり、同窓会などにリタイア後に集まったとき、自分は管理職になれなくて平社員で終わったとか、そういうことに引け目を感じるだとか、コンプレックスを感じるだとか、そんな悩みは仕事に人生をささげてきた男にはつきものだね。