全3789文字

新卒入社で希望の仕事をできるという甘えは禁物

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

大竹:今回は、冒頭からなかなか厳しいアドバイスですね。転職先を考えた方がいいというのは、そもそも創業家が親戚というのが入社の1つの理由にあるとしたら、そこに最初から甘えが潜んでいるということだからでしょうか。このまま、この会社で働き続けても、どこかで甘えの気持ちを抱え続けることになり、たぶん仕事もうまくいかないだろうと。

上田:そう思いますね。そういった潜在的な甘えの気持ちがあったので、いざ新規事業ではない部署に配属になったときに、「見放された」と思ってしまった。この「見放された」という感覚自体が、この会社で働き続けることを難しいものにしてしまうと思いますよ。