社長の母親に目くじらを立てても仕方がない

大竹:自分の待遇だけでも変わったのは、大きな一歩だと。

上田:そうです。まず、家内工業的な会社にいるという現実を理解する。そして、日々、社長に進言するという役目を果たすことに、仕事のやりがいを感じることができるか。あなたがこの会社で力を発揮できるかどうかは、そこにかかっています。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

大竹:社長の70歳の母親が経理や総務をやっているということですが、その方との付き合い方も重要なポイントになりそうです。

上田:母親は恐らく、1日2時間程度、息子の仕事を手伝っているという感覚であって、社長も母親のことを社員とは思っていないと思うよ。母親にお小遣いをあげる手前、ちょっと手伝ってもらっているというくらいの感覚ではないかな。

 だから、あなたは母親がまともに仕事をしていないということにイラついてはいけません。そもそも、一般の社員と同等の仕事を母親に期待してはいけないのだから。あくまでも、息子のお手伝いなんです。そう思って見てください。

 結局、この社長の母親は先代の社長のときから、今と同じように会社と関わってきたのでしょう。だけど、その母親も70歳になったので、息子がさすがにこのままではいけないだろうと思って、あなたに来てもらったのではないですか。だから、あなたが徐々に、この会社の総務や経理を仕切っていくことになるわけです。

 ただ、急にこの母親にこれまでの仕事を全部やめて、というわけにはいきません。それが、家内工業的なこの会社の特徴なのですから。そういう前提を理解してください。

大竹:上田さんのこれまでのお仕事で、こういう取引先は結構多かったのではないですか。

上田:商社にいたときは、大手のメーカーを除いたら取引先の肉の問屋さんはほとんどが中小企業でしたよ。創業家の一族の方々は大なり小なり役職が付いている。

 だから僕は冗談で社長に聞くんですよ。「社長、おたくに平社員って何人いるんですか」って。そうすると、4人ぐらいが平社員で、47人ぐらいが全員、役職が付いているようなこともある。ほとんどが親族だから、何らかの役職を名刺に刷るわけ。

 だからといって、給料がそんなに高いかというと、そういうわけでもない。専務とか常務とかいっても、それほどでもないんです。

 だから、この母親もしっかりとした肩書が付いているかもしれませんが、そんなに給料をもらっているわけではないでしょう。だから、「働かない」とか、そんなに目くじら立てるほどではないと思いますよ。

大竹:なるほど。社長の母親には目くじらを立てず、家内工業的な会社だと理解して、そういう中でも時間をかけて普通の会社にしていくよう、社長に進言し続けることが今回の相談者のお役目だということですね。

上田:そうです。この会社が存続して普通の会社になっていけるかどうかは、あなた次第なのかもしれませんよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!


◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

 日経ビジネスでは、人事・人材活用を考えるうえでヒントになる記事を厳選した特設サイトをオープンしました。定期的に新たな記事を追加していく予定ですので、ぜひご一読ください。

>>特設サイトはこちらから

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

春割実施中

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。