1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:まずこの人は自分自身を正しく評価できていると思いますよ。中途採用ながら入社3年目でチームリーダーになった。仕事ができるというのは、事実なのでしょう。

大竹:そうですね。

上田:でも、給料が若干、前の会社よりも安いことに不満を持っている。だけど、入社3年目でチームリーダーになったということはしっかり評価されているわけだから、役職が上がっていけば当然、転職してきたことによる周囲とのギャップは埋めることができるし、さらにその上に行くはずだと思うけどね。正直、今の時点でそのことに不満を持っても、どうしようもないと思うんです。

 自分はたくさん仕事をこなしているのに、なぜあの人より給料が安いか。そんなことは、僕も48年間のサラリーマン人生の中で、平社員のとき、係長のとき、課長のとき、部長のときと、役職が上がっていくたびにそう思っていましたよ。「俺はこの課で一番利益を出しているのに、何で大した利益を出していない係長の方が給料が高いんだ」というわけです。

 要するに、1つの組織の中にはプレーヤーとプレーイングマネジャー、それからマネジメント、そしてガバナンスと異なる役割があるのですが、当時はそれを理解していなかったわけです。それぞれの役割を比較しようとしても、どちらがよくやって、どちらがもうかっているというような比較はできないんですよ。それをまず認識しましょう。

「あの人より給料が安い」などと考えても仕方がない

大竹:求められる役割が違うから、比較できない。

上田:役割が違うからね。報酬は、それぞれの役割に対して支払われているので、「俺はあいつより仕事ができるのに」という考えは忘れましょう。従って、あなたも管理職になり、今、専門職でやっている分野から一段上の役割を担うようになると、給料も上がりますよ。

大竹:この方は、管理職になりたいわけではない、と言っていますが……。

上田:だけど、多くの組織ではやはり、「管理職」という役割に対して、より高い報酬がつくものだよ。

 悩みの内容を読むと、給料に不満を言いつつ、管理職になりたいわけではないとも言っている。少し、矛盾をしているよね。まず、あなたが本当に望んでいるものは何かを、しっかり考えてみましょう。

 家族のことも考えて、大変な残業を強いられるような会社から、今の会社に転職してきたわけですから、もう以前のような働き方に戻ることはあり得ませんよね。今、目星を付けているという2度目の転職先候補の会社でも、そういう働き方に戻ることはないのでしょう。しかも、給料は今の会社よりもよくなることがほぼ決まっていると言っていますよね。しかも、やりがいも今よりもある。

 それならば、転職した方がいいですよ。ただし、注意してください。あなたが今の会社で抱えているような不満や悩みが全て、新しい職場で解消されるかというと、そのようなことはおそらくないでしょう。

 あなたは昇進よりも現場の仕事がいいと言っていますが、新しい会社で同年代で似たような力量の同僚が、あなたよりも先に課長になったら、あなたは本当に管理職にはならないでいいと言い続けられるでしょうか。誰しも会社からのいい評価を期待するもので、あなたも一段上へステップアップしたいと思うはずです。

次ページ 自らチャンスを逃すような発言は慎んだ方がいい