全3793文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、反抗期の中学2年生の息子のことを心配する母親から。何事にもイラつく息子。このまま大人になったらまともな社会人生活を送れるのかと案じています。上田さんは「心配ご無用」と言い切ります。

悩み:自分と関係のないことにも過剰に腹を立てる中学2年生の息子のことが心配です。このまま大人になると、面倒臭い大人になってしまうのではないでしょうか。

 先日、社長が若手を育成しない、社長を尊敬できないと相談させていただいた者です。相談に乗っていただきありがとうございました。「会社へ恩を返すことにとらわれ過ぎている」「もう恩は返した」と指摘してくださったことで、視線を変えることができました。すぐにというわけにはいきませんが、4年計画で独立に向けて動こうと考えています。ありがとうございました。
(関連記事:脂が乗った45歳、「会社への恩」にとらわれず信じる道を

 さて、またしても相談させていただきたいことがあります。私には中学2年生の息子がおります。彼は、自分に関係のないことで怒りを覚えては、自分で自分の気持ちをざわつかせてしまうことがたびたびあり、考え方の転換やアンガーマネジメントの方法などアドバイスしてみても、自分は悪くないというスタンスで受け入れようとしません。

 具体例を申し上げますと、彼の通う私立中学校では今、女子にもパンツスタイルの制服を認めるべく、学校と生徒で話し合いがされているようなのですが、彼は、「女子だけが選択肢が増えるのはズルい、腹が立つ」という理由で反対なのだそうです。「選択肢の問題なら、この機会に男子もスカートや、他に自分が着たいものを着られるよう提案してみたら?」とか、「どうしてもスカートをはきたくない女子がつらい思いをしているのを助けることはズルいことなのかな?」など話をしてみましたが、理屈ではなく、気持ちか収まらないのだと言います。

 この他にも、自分には全く影響のないことで、いちいち気持ちを害しているようです。中学生にもなって自分の気持ちをコントロールできないのは、何か精神的な疾患でもあるのかと心配になります。私には男子中学生の気持ちは分かりませんが、主人が自分の中学生の頃を思い返しても、こんなに自分に影響ないことを長々考えたりいらついたりはしなかったとのことでした。

 最近ではしゅうとにも指摘されてしまい、「母親がバリバリ働いているから子供に構う時間が少なくて子供がおかしくなった」と嫌みを言われてムカつく一方で、本当に私のせいなのかもしれないと落ち込んでおります。自分に影響のないことで腹を立てていては、今後社会に出たらメンタルをこじらせるか、面倒臭い人材になるだろうと思ってしまいます。本人もしんどいだろうと思います。

 何とか自分の気持ちに折り合いをつける力を身に付けさせたいと試行錯誤していますが、反抗期でもあり、話は聞いてくれるもののなかなか受け入れ難いようです。たくさんの人材を育てて来られた上田さんのご経験からアドバイスいただけますと幸甚です。

(45歳 女性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス編集):今年1月にお悩みを取り上げた女性からのお礼と、追加の相談です。時間をかけての独立を決意されたようです。よかったですね。

上田準二:優秀な方とお見受けしたから、独立はきっとうまくいくと思いますよ。応援します。

大竹:そこで、追加の相談なのですが、バリバリとキャリアを築こうと頑張ってきたことが、息子さんの教育に影響してしまったのではないかと悩んでいます。中学2年生の息子さんが自分の感情をコントロールできない様子を心配しています。これは、中学生男子の反抗期の特徴のような気もしますが、ちなみに、上田さんにも反抗期ってありましたか。

上田:反抗期というのは、大なり小なり誰にでもありますよ。特に男の子はね。女の子だって反抗期はあるでしょうけど、男の子は表面に出るパフォーマンスが激しい。大竹さんだって反抗期はあったはずだ。