全4414文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、うつになってしまった個人医院を営む夫をサポートし続けてきた女性から。夫のケアにともなう精神的な重圧から抜けだし、自分自身のキャリアを築きたいという思いが強まる半面、夫のことも気掛かりです。上田さんは、「まずは別居を」とアドバイスします。

悩み:15年前に個人医院を開業してからうつ状態が続く夫をずっとサポートしてきましたが、夫のケアはずっと精神的に大きな負担でした。自分自身を押し殺すのはよくないと思い、自分自身のキャリアを形成しようと学び始めました。一方で、これからも夫をしっかりサポートしなければという気持ちもあります。どうしたらいいでしょうか。

 夫が個人医院を開業して15年になります。開業当時からストレスによるうつ状態が続き、ずっと心療内科に通院しています。調子のいい時期もありましたが、現在は先行きの不安などから再度悪化し、診療にも影響が出ています。

 私は医院には常勤していません。夫は日々の業務で疲れ果てているので、私のワンオペで家事や育児をし、医院の総務や経理業務をこなすのが精一杯でした。何より、依存心の強い夫のメンタルケアをすることが精神的に非常に重く、決して強い人間ではない私にとって大きな負担でした。ここ数年は子どもも成長して時間の余裕もでき、自分を押し殺して不機嫌になるのはよくないと、外へ学びに行っています。

 夫は、私も一緒に医院へ出て全面的に夫をサポートすることを望んでいます。しかし、私自身の決心がつきません。一日中愚痴ばかりの夫と顔を突き合わせて平静でいられる自信はなく、何より経営者として考えがあまりにも甘い夫にすっかり嫌気がさしています。

 せっかくの学びのチャンスを全うして、自分自身のキャリアを形成したいという思いもありますが、今の立場も夫がうつと闘いながら医院を経営してきてくれたからこそだと思うと、非常に複雑です。甘いのは私の方かもしれません。

 今後、私はどのように行動するのがよいのでしょうか。アドバイスいただけると幸いです。

(49歳、女性、主婦)

大竹 剛(日経ビジネス編集):上田さん、今回の相談への返事をお伺いする前に、お礼のコメントが届きましたので紹介します。4月1日に紹介した、宴会のスピーチの最中に「やめろ!」と怒鳴られて、「無礼だ!どうしたらいいか?」というお悩みを相談してくださった方からです。上田さんは、「あなたのスピーチが長いからだよ」とやんわりと諭してくださいました。

関連記事:長いスピーチは嫌われる。「1分240字」で話す極意

 その方からの感謝のメッセージです。

 早速、「長いスピーチは嫌われる」と題して、私の相談にご回答をいただき、大変ありがとうございました。

 なるほど、そうなんだ、と改めて反省しております。友人や家族にこの件を話しても、皆、私の肩を持って、途中で「やめろ!」と言った人を批判する意見ばかりでした。誰一人、「お前は間違っている」と言ってくれる人はいませんでした。

 ところが、この記事を読ませていただいて、私のスピーチは自分の一方的な話であって、聞いている人の中には「長い話だ」と思っている人もいるのだということに気が付きました。そこまで気が回らなかったです。聞いてくれている人の気持ちにもならないといけないのですね~。

 大変参考になりました。有難うございました。

(75歳、男性、無職)

 上田さんの回答が、ドンピシャだったようですね。この方がおっしゃるように、誰も「お前の話、長い」と言ってくれる人が周囲にいなかったようです。

上田準二:この方はこれから、逆にスピーチが上手になると思います。ポイントは、1分240字で話すこと。そして、しっかりと内容を暗記することです。

 短く話そうという気持ちが大切で、一番、重要で盛り上がる話をした後に、すぐスピーチが終わる。そんな話し方ができれば、あなたの話はものすごく受けるようになりますよ。

大竹:本当によかったですね。

上田:これからスピーチの達人になることを祈っております。

大竹:それでは、今回のお悩み相談に入りましょう。うつ状態の開業医のご主人を、ずっとサポートしてきたという女性からです。ご主人がうつになったのは、開業した15年前。愚痴の多いご主人を支える精神的な負担に悩んでいます。