役職が人を育てる

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味はマージャン、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:ええ。あなたがそのポジションに就いたその日から、日々、そのポジションの務めを果たすことがすなわち勉強なんです。もっと身近な言葉でいうと、そういったものは走りながら勉強し、考えることなんです。

 「それでも成果を作り進んでいくほか仕方がないのでしょうが」とあなたは言いますが、成果も作らなければいけないというのではなくて、日々、そのポジションの務めを果たす結果、成果が付いてくるのです。だからそんなに悩む必要はありませんよ。

大竹:上級職を打診されたことを、もっと素直に喜んだらいいと。

上田:あまり先々のことを深く考えるのではなくて、そういったチャンスをもらったときには、自分の能力の範囲内で最善を尽くせばいいんです。結果はおのずと付いてくる。大上段に構える必要はありません。その役職があなたを育てるのですから。

大竹:上田さんは昇進していったとき、こういう不安は一切抱えなかったのですか。

上田:全く抱えないね。だって、前の課長も前の部長も前の役員も、みんな見ているから。

大竹:先輩たちを見ていて、自分でも大丈夫だなと思ったというわけですね。それはロールモデルとは違うのですか。

上田:ロールモデルとは違うね。

 僕は、一度たりとも前任者と同じようにやろうとか、前任者のようになりたいとか、そんなことは爪のあかほども感じたことはないね(笑)。自分とは違うんだから。前任者とは、価値観、進むべき戦略は、そもそも同じではないんだ、違うんだと思いましたよ。

 僕より前にはすごく優秀な方もたくさんいましたが、僕はそういう優秀な人になろうと思ったのではなくて、自分のスタイルの課長、部長、本部長でやろうと思った。そのためにがんばろうとね。前任者がやっていたことは日々見てきたから、勉強しようなんて思わなくても知識として頭に入っている。だから、自分のスタイルを出すことに専念したわけ。

大竹:ちなみに、上田さんは最初、課長になったときはどんな経緯だったのですか。

上田:まあ、何も期待されていなかったね。僕が最初に課長になったのは、いわゆる「社内倒産」しているような課を任されたときでした。3期連続赤字だったらお取り潰しの対象になるんですが、僕は3期連続赤字の課を、特例で任されたんです。

 営業からスタッフ部門に出されていたのですが、そこから戻ってきたときに部長から、「上田、おまえはこれまでのキャリアを考えると、そろそろ課長だよな。でも、課長のポストがないんだ。もし、この3期連続赤字の課の課長をやるんだったら、例外的にこの課を存続させてもいいぞ」と言われて、その課を任されたんです。で、何とか1年目で赤字から抜け出せた。

大竹:そもそも、潰されるような課だったから、特に上司からは期待されていなかったわけですね。

上田:そう。もう消滅しそうな課だったから。そんな状況だから、ロールモデルなんてそもそもないよね。だから、自分自身のスタイルでやるしかなった。だけど結局、そのおかげでその課は水面に浮上することができた。

 結局、前任者を踏襲しようとか、ロールモデルを探そうとか、そういうことを考えるより、与えられたポジションで果たすべき役割を必死になって自分で考えて、実行していくしかないんです。それがいい結果を生むんですよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!


◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

 日経ビジネスでは、人事・人材活用を考えるうえでヒントになる記事を厳選した特設サイトをオープンしました。定期的に新たな記事を追加していく予定ですので、ぜひご一読ください。

>>特設サイトはこちらから

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。