全2597文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、独立後に最低賃金程度しか稼がなくなったというグラフィックデザイナーの女性から。どのように事業を拡大したらよいか悩んでいます。上田さんは「待ちの姿勢だから悩む」と3つの選択肢を提示します。

悩み:独立してから最低賃金程度しか稼げていません。夫の収入で生活をしていけるし、仕事は楽しいのですが、もっと事業を拡大していくにはどうしたらいいのでしょうか。

 フリーランスのグラフィックデザイナーです。いくつかのブラック企業勤務を経て個人事業主として独立しました。現在は結婚し、子どももいないので生活費の大半は会社員の夫の収入で賄い、お小遣い稼ぎ程度に仕事をしています。

 悩みというのは独立してからというもの、収入が最低賃金程度しかでないということです。個人事業主だから仕方がないのかもしれませんが、もし結婚していなければ生活もしていけないレベルです。

 仕事自体は楽しいのですが、多くの案件をこなしてもコンペや単価の低いものも多く、思うように業績が上がりません。事業を拡大していきたいのですが、これからどういうふうに活動していけばいいのでしょうか? アドバイスを頂けると幸いです。

(40歳、女性、自由業)

上田準二:事業を拡大したいという意欲があるのに、仕事はコンペや単価の低いものが多く、いただけるお金は小遣い程度で、事業を拡大したいということだね。

 答えは3つです。まず1つ目。

 この悩みを読む限り、あなたは事業を拡大したいと言いながら、待ちの姿勢なんです。自分のスキルで事業を広げたいのであれば、もっと広く自分で営業活動をしなければ、多くの仕事、もうかる仕事は来ないですよ。だから、もっと幅広くいろいろな企業に営業をかける努力をしてみましょう。そして、その努力を楽しみながらやる。待っていては楽しくはないよ。まずは、気持ちを切り替えてみましょう。

 次が2つ目です。

大竹剛(日経ビジネス編集):はい、今回はどんどんいきますね。