全3652文字

淡い期待を持ち続けるよりチャレンジしよう

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

大竹:もう、今の会社にいても、自分には明るい未来はない、と結論づけているのなら、そこに居続けても結局は自分が後悔することになりそうです。

上田:趣味もできない、結婚もできない、老後も貧しい……。全てにおいて不安であるというのなら、それを払拭する方法は、あなたがもう一度、チャレンジするしかありません。

大竹:そうですね。まだ31歳。

上田:31歳、若いじゃないですか。大卒ということですから、9年ぐらいはこの会社でキャリアを積んだわけですよね。こういう方は、より給料の高い同業の会社を探せば、見つかるのではないかな。地方ではなくて、都市圏ならもっと人手不足は深刻だろうし。あなたが行動を起こせば、新たにチャレンジできるところが見つかるはずですよ。

 「どうすれば前向きに生きることができるでしょうか」という質問ですが、今、前向きに生きていないのであれば、挑戦するしかない。

大竹:つまり、もう転職するしかない、ということですね。転職に挑戦しましょう。

上田:まず、それが1つの私の回答です。その一方で、お金がなくても普通の生活を何とかしていける、そして、それで心身共に健康で、幸せでいられるのなら、この地方の会社に残って、そのまま頑張っていくという選択肢もあるかもしれない。ただ、あなたの相談内容を読むと、今のままだと、もんもんと不安を抱え、悩みを抱え続けていきそうだから、それはよくない。

大竹:まずは、転職活動をしてみるというのもいいでしょうね。それだけなら失うものはありませんから。

上田:やはりここは、1回チャレンジする。

大竹:年功序列の会社でいずれは管理職になる可能性もありそうですが、まだはるか先のことだろうとも言っていますし。

上田:いつのことになるか分からないことに、淡い期待を抱きつつその場にとどまりますか? それまであなたは、今の不安をずっと抱えてやっていけますか?

 もしくは、いい女性と巡り合って、共働きで家庭を築いていくという道もあるかもしれない。だけど、それも実現できるのかどうかが見えないでしょう。先が見えるのは、あなた自身が自分で行動を起こし、自ら判断していける道だけです。つまり、最初の選択肢、転職のチャレンジをするということです。

 もちろん、成功するか、しないかは分かりません。だけど、それはあなたの努力次第ですよ。あなたの年齢を考えても、もう一度、チャレンジですよ。