最後の「10キロ」を楽しく走ろう

大竹:システム開発の分野に限らず、いろいろな業種、職種でということですね。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)の代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田:そう。だから、あなたの役割というのは、開発部門は自分を追い出したところだからいまさら戻りたくない、ということを思うのではなくて、もう終わったことには執着しない方がいい。もし、開発部門に戻らないか、という話があるのなら、今の現場では学ぶことができないベーシックな部分、アウトソーシングの出し方だとか、出来上がったシステムのチェックの仕方だとか、そういうことをアドバイスしてあげることが、いいシステムを作ることにつながるんだという前向きな気持ちで働くべきです。そうしないと、仕事が楽しくない。

 最前線から追い出されて、いまさらあんなところへ戻ってあげる気にはなれないとか、そういうことを考えては自分もつまらないし、会社もあなたに定年後も再雇用で職場に残って仕事をしてほしいと思わなくなるよ。もう少しポジティブに物を考えましょう。

 「衰退していく部署を見ているのが正直つらいです」なんて大上段に構える必要はありません。

大竹:この方は、現場の変化を「衰退」と捉えているようですが、むしろ「進化」なのかもしれないですよね。

上田:そう。自分の価値基準ではなくて、全体的な価値判断の中で流れが変わってきているというのを客観的に理解した上で、自分はそれに対してどういう手助けができるのかを考えた方が、今後の仕事であなたにとって楽しい時間をつくれるでしょう。

大竹:そうですね。

上田:なにごとも、ポジティブシンキングですよ。ネガティブに考えると、何をやっても悪く見えるし、楽しくない。

 大切なのは、大上段に構えないこと。「現場を再生する」だとか、「衰退していく部署を見ると正直つらい」とか、そういう視点は自分を疲れさせるだけですよ。あんまり大上段に考えずに、今、自分自身が自分のため、会社のために何ができるか、その部分に考えを集中してください。

大竹:この方は、「自分を追い出した部門」という表現も使っています。異動してからの約10年間、今の黒子的な立場に“追いやられた”という処遇に納得できないまま、ずっと働いてきたということかもしれません。

上田:うん。

大竹:最初は前向きに新しいスキルを習得するなど努力してきたけれども、その気持ちが定年を前にして折れかけているようです。

上田:マラソンに例えるなら、再雇用も含めた仕事人生で、30キロ地点を過ぎたあたりを今、あなたは走っているんです。あと残り約10キロを、このままネガティブな気持ちで走り続けるのか。それとも、残りの10キロをどれだけ楽しく走りきれるか。どちらがいいかと言えば、後者に決まっているでしょう。走りきったあとの充実度もまるで違う。だからこそ、過去のネガティブな気持ちを1回、リセットしなくてはいけませんよ。

 残りの10キロ、もっと自分の気持ちをポジティブに持って、楽しく会社で仕事ができるように頑張ってほしい。

 付け加えると、現場をサポートする業務をしても、じゃまばかりしてうるさいと思われると言っているでしょう。実は、これこそあなたが必要とされている証し、仕事をしている意味なんですよ。

大竹:と言うと?

次ページ ベテランの「うるさ型」は組織の中で必要だ