全4655文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は現場を離れて約10年、サポート業務に従事してきた50代半ばの男性の悩み。事業環境が変化し、自分の助言が煙たがられる状況に、やる気を失いつつあります。上田さんは「50代の『うるさ型』社員は組織にとって必要だ」と、ポジティブになろうと呼びかけます。

悩み:最前線の開発現場を離れ、約10年がたちます。これまで、現場をサポートしようと頑張ってきましたが、この10年で事業環境が大きく変わり、現場に助言をしても「じゃまばかりして、うるさい」と煙たがられます。私を追い出した現場を助けることに、今は疑問を感じます。どうしたらいいでしょうか。

 一部上場企業に在籍し、30年以上ソフトウエアエンジニアとして働いています。約10年前に開発部門から保守部門に配置換えになり、最前線で開発に従事することはなくなりました。いわゆる「黒子」的な立ち位置です。それでも、最初のうちは頑張って前線を支えようと思って奮闘してきましたが、ここ10年で環境は激変してしまいました。

 自分で開発経験を踏んだことがない中堅が管理職に昇進し、実際の開発業務は全て社外・海外にアウトソーシングするのが常識になりました。発注元の開発部門では、納品された成果物を正しく評価することすらできなくなってしまいました。

 その結果、当然手戻りが多発し、納期通りに仕上がる製品がなくなってしまいました。最初のうちは古参の我々がサポートと品質確保に当たってきましたが、「納期を遅らせる元凶」「じゃまばかりして、うるさい」と言われるようになり、納期優先主義に陥っています。

 私は保守部門に異動しても、常に最先端技術を習得し続けて、一線に復帰できるスキルを養ってきましたが、いざ「開発部門に戻りたいか?」と問われたときに、素直に「はい、喜んで」と言えない自分に気づきました。定年前でもあるし、自分を追い出した部門を助けることに非常に疑問を感じたからです。

 再雇用も打診されていますが、衰退していく部署を見ているのが正直つらいです。もう、定年後の自分の違う職場での人生を考えて、現在の職場を再生することなど、考えない方が良いのでしょうか。

(56歳 男性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス):だいたい40代から50歳前後になると前線から外されたり、役職を外されたりして黒子に回るというケースが増えていきます。昇進の階段を上っていく人は別ですが、それ以外の人はその頃からモチベーションが下がるということがよくあります。

 この方は、前線の開発現場を外されても自分でスキルを磨きながら前線をサポートし続けようと頑張ってきたけれども、最近その気持ちが揺らいでしまっているわけですね。良かれと思ってサポートしても、じゃまばかりする「うるさ型」と思われるというのでは、その気持ちも分かります。

 上田さん、どうしましょう?

上田準二:こういう人は、業種は違ってもどんな会社にもいるよね。誰にでも起こりうることだと思う。

 専門職として長年やってきて、それなりにステップアップもして能力を発揮してきた。けれども、ある日、ほかの担当に配置換えになる。配置換えにならなくても、役職定年になるなどして立場が変わる。

 この方は56歳ということだから、もう役職定年のタイミングも過ぎていることでしょう。そうすると、会社の中では後輩に対する、いわばアドバイザリースタッフみたいな状態になる。しかも、世の中も会社も、若かった頃とは大きく変わってきている。コストダウンの流れの中でアウトソーシングが当たり前となり、自分が若かった頃の仕事のやり方が通用しない。

 自分でこれはこうだ、あれがこうだ、これが違うだとか、これを新しくしてくれだとかいうような部分が、やっぱりもうアウトソーシング任せだからなくなっている。

大竹:求められるスキルが変わってしまったということですね。

上田:そう。必要なスキルが変わっている。この方から見れば、今の開発部門のスタッフは、「これも知らん」「あれも知らん」と頼りなく見えてしまうだろうし、イラつくこともあるかもしれない。だけど、そもそも環境が変わってしまったのだから、今の現場にはそもそも必要がないスキルとも言える。こんな状況は、どの会社でも起こっているんですよ。