全5871文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、50代目前でいまだ、同期でただ一人、課長になれずに悩む男性から。出世だけが人生ではない、と分かってはいても、気持ちの切り替えができません。上田さんは『釣りバカ日誌』のハマちゃんを例にアドバイスをします。

悩み:50代を前にして、管理職への昇進が何度も見送られ、同期でただ1人、非管理職です。この先、どのような気持ちで仕事に向き合っていったらよいでしょうか。

 地方の信用金庫に勤務している者です。管理職への昇格対象になってから昇格が7回見送りとなっています。今回の人事異動でとうとう同期10人のうち私だけが非管理職として取り残されることになってしまいました。

 同期の約半分は支店長、ですが私はまだその2階級下です。昇格対象となってから5人の支店長の下で働き、そのうち2人は管理職に推すことを私に直接言ってくれましたが、そのときの人事担当役員が昇進見送りの理由として「営業店での経験が少ない」「視野が狭い」と言っているという話を当時の支店長から聞きました。

 でもそれは詭弁(きべん)であり、理由はほかのところにあるような気がします。過去、1人推してくれなかった支店長がいますが、「コミュニケーション能力に欠ける」というのがその理由でした。30代後半に直属の上司に刃向かって異動になったこともその原因の1つと考えています。自己分析をしているのですが、物静かなタイプなので管理職に求められる要件の1つである他人を巻き込んで仕事を進めていく能力に欠けていることや、仕事は地味にコツコツやる方なので、周囲の印象に残りにくいのかもしれません。

 あまり笑わないし、生真面目な性格が悪い方に出て、仕事ぶりから明るい雰囲気が感じられないこともあるかもしれません。人は誰でも自分自身を2~3割増で自己評価しているとごんいいますが、そのことを割り引いても毎年下の人間から抜かれ、いつこの状況から抜け出せるのだろうと思うと気持ちがへこみます。

 50代の生き方に関するいろいろな本を読み、仕事が人生のすべてではなく家族や地域のつながりの方が定年後の人生には大事であることや、役員にならない限りポスト不足で昇進はいつか誰にも終わりが来ることは理解できるのですが、人生の試練として受け止め、日々の目の前の仕事に真摯に取り組むことと、自分が必要とされているということを実感するレベルまでボランティアなどの地域活動に積極的に参加する以外に方法がないというところが現時点での私の考えです。職場の同僚と自分を比較し過ぎるのは自分の心を貧しくするだけということは、さまざまの著者が共通して言っていることですが、どうしても自分の考え方を切り替えることができず苦しいです。

(47歳 男性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス):今回は、47歳の男性からです。いまだに管理職に昇格できず、50歳を目前に、どのように生きていくべきか悩んでいます。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス元相談役):この人は、自己分析はよくできているんだよ。だから、頭は良いんだと思う。文章もしっかりしているしね。

 でも、サラリーマンというのは頭が良ければ出世するというわけじゃないんです。頭が良すぎて内面で考え過ぎて、結局、周りとのコミュニケーションといったことがおっくうになる、嫌いになる。それで、たまさか自分の意見を押し通すと、今度は、「あんな物静かでおとなしい人が感情的に上司に刃向かった」と周囲から冷たい目で見られる。

大竹:まさに、この方はそういうことなのかもしれませんね。