魔法の呪文「元気、勇気、夢」

上田:それでね、今回は僕の話をちょっとしたい。これまでも何度か、話したことがあると思うけど、僕は東北の田舎から東京の大企業に入ったから、とてもよくあなたの気持ちが分かるんだよ。

 僕は若かった頃、言葉はなまっていたし、話もハキハキできなかった。同期で入社した都会の連中がきっちり仕事をこなしているのに、僕は上司から「ミスが多い」と叱られる。それで気持ちも落ち込む。次に新たな仕事を与えられても、また自分だけミスするんじゃないかとね。

大竹:彼女の状況ととてもよく似ていますね。

上田:そうでしょう。おどおどしている状況で毎日会社に行くということのつらさといったら、これはしんどいよ。そこから脱却しなきゃいけない。そこで僕は、こう思うようにしたんだ。

 こういうつらい日々が来るということは、自分のこれまでの人生の流れを考えれば、社会人のスタートとして当たり前のことであって、何も運が悪くてそういう状況になったわけじゃないとね。当たり前のことが起きているんだから、すぐには上司や同僚のようにてきぱき仕事をできなくても、努力してそれに近づいていけばいいと。そのためには、その日その日の仕事に集中し、昨日のことも明日のことも考えないようにしようと。

大竹:今日の仕事だけに集中する。

上田:そう。今日の仕事に精いっぱいを尽くすと。明日が来たら、明日も精いっぱい尽くす。その一日一日の積み重ねが、結果として、ほかの人より多少時間はかかるかもしれないけれど、自分自身のスキルアップ、ステップアップにつながっていくと信じるようにしたんです。

 そしてもう1つは、「元気、勇気、夢」です。

 僕は社長時代、「元気、勇気、夢」という標語を掲げて、社員にも言ってきました。「元気、勇気、夢」というのは、そもそも元気がある人、勇気がある人、夢がある人に言う言葉ではないんです。元気がない、勇気がない、だから夢も持てないという人に、言ってきました。

 僕自身がそうだったのですが、「元気、勇気、夢」がないと、表情も暗くなり、パフォーマンスも落ち込んでくる。そうした状況から抜け出るために僕は、「元気、勇気、夢」と自分自身で唱えてきました。

大竹:元気がないからこそ、「元気」と唱える。

上田:そうです。空元気でいいから、「自分は元気だ」と自分自身に暗示をかけ、外見にも出す。そのためには笑顔。心では泣いていたり、涙を流していたりしても、笑顔をつくる。心だけじゃなく、外見でも泣いてしまったら、完全にその環境から逃げることになってしまうから。

 社会人になりたての頃は、これまでとは違う環境でつらいことも多いよ。だけど、そこで逃げてしまったら、この先、社会に出ていけなくなってしまうかもしれない。だから、そういう状況に直面するということは、当たり前のこと、決まっていたことだと考えて、逃げない。そのためにも、まずは笑顔をつくるんです。そうすれば、逃げない勇気が湧いてくる。

 そして、そうやって勇気を持って逃げずに、日々の仕事に取り組んでいれば、それがやがて、あなたの夢に必ずつながってきます。今のあなたの夢は、先輩みたいにテキパキと仕事をこなすことでしょう。元気を出していれば、夢のテキパキが付いてきます。

大竹:なるほど。

上田:ミスするんじゃないかと恐れるのではなく、どれだけミスをしても仕事をどんどんもらいたいと思える勇気を持ってほしい。そうすれば、仕事の数をこなすことになるから、ミスは必ず減ってきます。

 同じ職場に同期がいなくて相談できる人がいないと言っていますが、同期がいたところで、あなたの悩みは解決してくれないよ。同期がいたって状況は変わりません。自分自身で、状況を変えるように意識して行動していくことが大切です。

 だから、今、僕が言ったことを心に刻んで、明日から生きてほしいね。

 そのための呪文を差し上げましょう。

大竹:はい、いつものですね!

上田:さっきも話した3つの言葉。「元気、勇気、夢」です。毎日、寝る前に必ず、「元気、勇気、夢」と、3回声に出して唱えてみてください。そして、朝起きて、顔を洗って、歯を磨いたら、また「元気、勇気、夢」と3回唱える。

 何も深く考えずに、ただ呪文のように言っていればいいんです。そうすると、だんだん不思議とそういう気持ちになっていきますから。少しずつ、口に出して唱えるだけです。それだけで、毎日の仕事のパフォーマンスが良くなっていきますよ。

 僕が実践していたんだから、その効果は実証済みです。

大竹:気持ちが行動に反映されるということもある一方で、行動が気持ちをつくっていくということもあるんですね。

上田:おっしゃる通り。あなたは、自分のことをマイペースで気が弱いと言っていますよね。確かに、そういう性格なのかもしれませんが、それは自分でそう思い込んでいることも原因の1つです。そう思っている限り、一生、あなたは変わることはできません。今の状況から脱したいのなら、「元気、勇気、夢」と唱えてください。人間は、自分の意思で変わることができるんです。

次ページ 人間は、自分の意志で変わることができる