全4616文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は24歳の女性から。仕事でミスをするたびに落ち込み、おどおどしてまたミスを繰り返すと悩んでいます。マイペースで気弱な性格だという相談者に、上田さんは、1つの呪文を授けます。「人間は変われる」。そう信じる上田さんのアドバイスは?

悩み:ミスをするたびに、落ち込んで、またミスをするのではないかとおどおど仕事をする毎日です。この気の弱い性格をどうしたらよいでしょうか。

 転職して2年目になります。現在、事務として働いていますが、1つミスをして注意されるたびに落ち込み、いつまでも悩んでほかのことに気が回らなくなります。

 先輩たちは分かりやすく注意してくださるのですが、「先輩たちに無駄な時間を使わせてしまった」「きっと使えないと思われている」などと考えてしまい、おどおどしてしまいます。また上司からは「先輩たちのようにならないとな」と言われます。それらのことが延々と頭の中でループしており、ミスするたびに思い出してつらくなります。

 「先輩たちは2年目のときもっとできていたはず」「なんでこんなこともできないんだ」と自分を追い込み、さらに焦ってミスをします。年齢が近い方が2年先輩なのですが、みんなハキハキと話しテキパキと仕事をこなします。

 私はどちらかというとマイペースで気が弱いです。そんな自分も嫌いです。注意されたことについて、先輩にどのようにしているかを聞いて参考にしたり、自分なりに解決策を考えたりしています。しかしミスはなくなりません。

 周りの目を気にしておどおど仕事をすることをやめて、ミスをなくして自信を持って仕事ができるようにしたいです。同期もおらず相談できる人がいなくて困っています。どうしたらいいでしょうか。

(24歳 女性 会社員)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス元相談役):この彼女は24歳、転職して2年目と書いてありますね。

大竹剛(日経ビジネス):年齢から推察すると、1社目はあまり長く勤めていなかったのかもしれません。

上田:転職する前の会社でも同じような状況に陥って、居づらくなったのかもしれないね。ミスが怖い。気が弱いから、先輩のようにハキハキと話ができず、おどおどして仕事をしている。

 おそらく前の会社でもそうではなかったのかな。あなたは、この状況を1回乗り越えなければ、どの会社へ行っても長く働き続けることができなくなる可能性が高いですよ。

大竹:それが、今回のポイントです。どうやって、今の状況から抜け出すか。