相手の嫌がらせなど恐れてはいけない

大竹:でも、関係を絶つと、相手のママ友がほかのママ友を取り込んで自分のグループを作って、相談者が孤立してしまうことはありませんか。その結果、学校関連の行事の連絡などでも嫌がらせをされるとか。

上田:そういうことは恐れる心配はありません。ママ友全員が、この相手の味方になるわけではないでしょう。クラスに何人いるのか分かりませんが、そんなことにはならないよ。まして、必要な連絡は、ママ友の連絡網なんかじゃなくて、正式なルートで来るでしょう。

 まずは、今の関係を断ち切ることが大切です。そうしないと、あなたの日々の仕事にも、日常の生活にも、マイナスの影響が出てしまいますよ。

 「我慢するしかないのか」と言いますが、我慢できないとすると、何をするつもりですか。反撃するんですか。反撃しても、いいことは何一つ起こりません。やるべきことは、我慢しないで関係を絶つことです。

大竹:まず関係を絶ってみて、そうしたらこれまでとは違う状況が生まれてくるでしょうから、何か不都合があれば、そのときにまた判断すればいい、ということですか。

上田:もう既に、こういう状況になっているわけですから、我慢したくないのであれば、関係を絶つしかありません。関係を修復しようというのも、もはや、無理だと思いますよ。

 だからこそ、もう、一線を引くしかありません。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!

本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!
本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。