全2817文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回はスーパーでパートとして働く40歳の女性から。50代マネジャーによるパワハラ行為に悩んでいます。上田さんは「スーパーのパートさんはマネジャーより立場が強い。今すぐ反撃を」と助言します。

悩み:スーパーのパート3年目。マネジャーによるパワハラに悩んでいます。仕事も職場も好きなのですが、どうしたらよいでしょうか。

 スーパーでパートとして働いて3年目になります。主に住居品の品出をしています。50代の男性社員(マネジャー)、50歳前のベテランパート、再雇用契約社員4人の部署です。そのマネジャーの言葉遣いに悩んでいます。

 この部で年齢が一番下なのは私だけ。そのせいか、私にだけ態度が威圧的で横柄です。言われたことは真面目に黙ってやる私に対して、だんだんと言動がパワハラのようになってきました。

 他の人に頼むこともできるときでも私だけにいくつも仕事を押しつけたり、休日なのに私の都合を聞かずに勝手に勤務を入れたりします。私に話すときも、大きな音をわざと立て、「もっとやったろか」などの言葉を浴びせてきます。

 前もって伝えていた休みについても、「楽するねんから」などと言われ、精神的に仕事をする意欲がそがれていきます。

 そうした嫌がらせは、いつも2人だけのときにされます。その他にもいろいろありました。こうした状況は2年半ほど続いており、もうこれ以上エスカレートしたら困るので、私は何とか態度で示そうとしてきました。しかし、最近は職場にいづらく、退職するか、他部署に異動するか、選択しなければならないと考えています。(仕事は好きでたくさん知り合いもいるので)、退社ではなく、他部署への異動願いを出そうと考えています。

 他の部署に異動したら、この悩みは解決するものでしょうか。それとも、また違う形で嫌がらせなどがあるでしょうか。

(40歳 女性 アルバイト・パート)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

大竹剛(日経ビジネス):今回のお悩みは、上田さんが関心を持つのではと思っていました。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス元相談役):これは本当の相談?

大竹:もちろん本当の相談です。

上田:うちの子供は、あるスーパーで売り場を受け持っているのだけど、この方と同じようなパートの女性が4人ほどいるようなんだ。品出しから何から、パートの方がいないと回らない。

 うちの子供はよく言っているよ。パートがいなければ、自分が責任を持っている売り場を維持できないと。だから、本当にどちらが上司か分からないぐらい、彼女たちに気を使っていると言っているんだ。気持ちよく働いてもらえるようにね。もし、辞めてしまったら、大変なことになるからと。

 だから、売り場のマネジャーというのは、いかにパートと仲良くなって、きっちりとコミュニケーションをとれるかが一番重要なんだ。スーパーのマネジャーとは、そういうものなんです。

 だけど、このマネジャーはそういうことが分かってないようだね。威圧的で横柄で、パワハラ的だと。これで本当にあなたが辞められたら、困るのはこの50代のマネジャーだよ。