全3117文字

上田準二さんの「お悩み相談」。今回は42歳の女性会社員から。部署を異動して3年目、仕事をほとんど与えられず、しかも失敗ばかり執拗に叱責され、ストレスが限界に達しています。しかし、理由が定かではありません。深刻な相談に上田さんは「健康なうちに決断を」と助言します。

悩み:異動して3年目になりますが、干されています。ほとんど仕事を与えられず、何か失敗すると執拗に責められ、ストレスも限界です。どうしたらよいでしょうか。

 いつも楽しみに拝見しております。メーカーに勤める一般社員です。現在の部署は購買で、3年目(その前は経理部に10年在籍)です。今回ご相談させていただきたいのは、上司(課長職・女性・50歳近く)との関係についてです。

 以前の部署にいたときは、この女性には仲良くしていただき、その縁があって現在の部署に異動してきました。しかし、3年たっても、新しい仕事をさせてもらえません。与えられている仕事の内容は、工場からの購買要請に対して納期の調整をするというもので、1カ月に1回の頻度しかありません。あまりにも時間を持て余し、他部署の手伝いをしてみたところ、部長を通じてやめるように促されました。それからというもの、私の行動は監視されるようになりました。

 私としては新しい仕事をさせてもらえるように、部長や人事を通して訴えましたが、今も変化がありません。課長である女性は、私が失敗すると、それについて執拗にコメントしてくるので、私のストレスも限界状態で、頭痛など身体に影響が出ています。

 最近も、この女性に仕事の説明などを求めましたが、仕事の失敗を指摘されただけでした。私としては何とか分かってほしいという気持ちもありましたが、その気持ちも踏みにじられた気持ちです。

 転職も考えましたが、年齢や社会情勢を考えると、一歩踏み出せずにいます。これからどのように仕事をしていくべきか、上田さんから指針を頂ければ幸いです。

(42歳 女性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス):「いつも楽しみに拝見しています」という42歳の女性からです。女性からの相談が、本当に多いですね。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
 

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス元相談役):これの悩みは、僕も興味深く読みましたよ。10年在籍した経理部から異動して3年目にもなるのに、実質的に何ら仕事を与えられてないということですよね。深刻な悩みだな。

大竹:そうなんです。

上田:お茶を濁す程度で月1回、工場からの購買要請の納期の調整をしているだけで、暇でしょうがない。当たり前ですよね、月1回しか仕事がないんだから。

 つまりこの方は、言葉は悪いかもしれないけれど、はっきり言えばこの部署で“飼い殺し”にされているんだよね。しかも、仕事が何もないからほかの部署の手伝いをしようとしたら、部長からも他の部署の手伝いをしてはいけないと言われている。部長だってこの女性課長だって、彼女には仕事が何もないことを分かっているのに。

 この相談内容からだけだと、どのような事情で異動してきたのか、そしてなぜこのような扱いを受けているのか、とっても不可解だね。これは想像だけど、何らかの理由でこの部長、課長の下で、一般的に言う“預かり”になっているような感じがする。