「女のくせに」という陰口は、笑いながら打ち返せ

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)
 

大竹:「女だから」ということを意識しないのは、なかなか難しくないですか。むしろ、「男社会」に順応しないとうまく働けない、という職場環境自体が問題なような気がします。

上田:男社会に順応できないと、女性はうまく働けないというのは、確かに根深い問題だよ。だけど、現実にはそのような職場がまだまだ、日本には多いと思う。この状況を根本的に変えるには、もっと大がかりに日本社会の構造を変えないといけないね。

 従って、この相談をしてくれた女性も今、目先の問題として、日々の職場のコミュニケーションをいかに良いものにしていくか、ということに悩んでいるんだよね。「男社会」というのをある程度、所与のものとして受け入れて、その中で少しでも状況を変えたいと思っている。

大竹:なるほど。

上田:僕がファミリーマートの社長をしていたときのことだけど、部下に「女のくせして」とか「女だから」とか言われることを、全く意に介していないような女性がいたな。男性に対しても、「男だから」とか、そういうことがコミュニケーションの前提に全く入っていないようなんだ。そうすると、見ていても、女性上司と男性部下のコミュニケーションがスムーズなんだよね。全く、違和感がない。

 要するに、男とか女とか、それを意識しすぎちゃうと、組織の中で違和感が出てきちゃうよね。

大竹:でも、相手は「女だから」と意識して接してくる場合はどうしますか。

上田:笑いながら打ち返すしかない。「『女として』なんて言うけれど、どういう意味なんだ」と(笑)。

 男とか、女とか、そういうことにあまりエネルギーを使わないほうがいい。逆に、仕事の成果で、実力を示していくことに集中してください。あなたが実力を示していけば、あなたのポジションが上がって、あなたのような存在が当たり前になっていきます。部下からも尊敬の目で見られるようになって、「女のくせして」なんて言われなくなるはずですよ。

 世の中でも、女性で大きな組織のリーダーになっている方たちがいるでしょう。あなたもそういう女性を目指しましょう。もちろん、リーダーを目指さない生き方もあるよ。しっかりと自分の仕事で能力をいかんなく発揮することに集中すれば、「女だから」とか低次元の陰口は気にならなくなります。そんな陰口は取るに足りない話だと、受け流しましょう。

大竹:男性の側も変わらなければいけません。

上田:それはもちろんです。ただ、彼女はそれを待ってはいられないでしょう。だから、周囲の陰口は気にせず、自分の仕事に集中してください。そして、どんどん仕事の上でも、組織の上でもステップアップしててください。そうすれば、あなたに続く女性も出てくるでしょう。

 僕は、あなたのことを応援していますよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!

本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!
本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。